生年月日データベース

吉永正人よしながまさと

競馬騎手、調教師[日本]

1941年 10月18日

2006年 9月11日 死去胃がん享年66歳
吉永正人 - ウィキペディアより引用

吉永 正人(よしなが まさと、1941年10月18日 - 2006年9月11日)は、日本中央競馬会 (JRA) に所属した騎手、調教師。
騎手時代に中央競馬史上3頭目の三冠馬ミスターシービーや、1982年の天皇賞(春)優勝馬モンテプリンスなどの主戦騎手を務めた。
「吉永スペシャル」と呼ばれた追い込み戦法や、逃げ戦法など極端な作戦を取る個性派の騎手としてファンに知られた。
作家の吉永みち子は2番目の妻。
実弟の吉永良人は元騎手、調教助手(馬事公苑花の15期生のひとり)。
長男の吉永護も元騎手である。
1941年、鹿児島県肝属郡串良町(現・鹿屋市)で馬生産を営む吉永牧場に次男として生まれる。
同場は吉永の曾祖父で、薩摩藩の馬術指南役を務めていた吉永新九郎が1890年代後半に興した一帯で最古の馬生産牧場である。
長兄の清人は家業を継ぐため高校へ進んだが、正人は父親より騎手を目指すよう「命令」され、中学校在学中から減量をしながら過ごした。
幼少期から家業を手伝っていたが、初めて競馬を見たのは中学2年または3年生のときであったという。

関連書籍

元JRA調教師。元騎手。美浦トレーニングセンター所属。 元騎手の吉永良人は実弟。元JRA騎手の吉永護は実子。元妻はノンフィクション作家吉永みち子。 1941年10月18日生まれ、松山吉三郎厩舎からデビューし1961年初騎乗。現役時代はモンテプリンス、シービークロス、ミスターシービーの主戦ジョッキーを勤め、JRA通算461勝(うち障害15勝)、重賞37勝。1986年に騎手を引退し調教師免許を取得。2006年9月11日、胃がんのため死去。調教師としての通算成績は3586戦199勝。同厩舎の管理馬は9月12日付で美浦松山康久厩舎に転厩した。 (引用元 Hatena Keyword)