生年月日データベース

佐々木信也ささきしんや

プロ野球選手、キャスター[日本]

1933年 10月12日 生 (満85歳)

佐々木信也 - ウィキペディアより引用

佐々木 信也(ささき しんや、1933年10月12日 - )は、1950年代の日本のプロ野球選手(内野手)、野球解説者、スポーツキャスター。
株式会社佐々木信也事務所代表。
来歴・人物 選手時代 神奈川県出身。
1949年、湘南高校で夏の第31回全国高等学校野球選手権大会に1年生ながら出場し優勝。
関東圏の高校が優勝したのは第2回大会の慶應普通部以来33年ぶりで、「深紅の優勝旗が箱根の山を越えた」と話題になった。
監督の佐々木久男は彼の父親であった。
後に高野連会長を務めた脇村春夫は1学年上である。
その後、慶應義塾大学に進学。
野球部では、後に読売ジャイアンツ監督となる藤田元司投手と同期で、二塁手としてレギュラー、4年次には主将を務めた。
特に慶早戦では大活躍し、「慶早戦男」と呼ばれた。
リーグ通算67試合に出場し235打数58安打、2本塁打、26打点、打率.247。
大学卒業後は当時北海道にあった東洋高圧の野球部に入部する予定であったが、高橋ユニオンズの誘いを受けたため、1956年にユニオンズに入団。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

プロ野球選手・解説者。スポーツキャスター。 右投右打、ポジションは二塁手。背番号は6番。 1933年10月12日生まれ。東京都出身。 1949年、湘南高校で左翼手として夏の甲子園に出場し優勝。 慶應義塾大学で二塁手となり、4年次には主将をつとめた。 藤田元司と同期で、特に慶早戦で活躍し、「慶早戦男」と呼ばれた。 1956年、高橋ユニオンズに入団。 同年、新人ながらシーズン試合出場の日本タイ記録である154試合に出場。 その後1957年には合併先の大映ユニオンズに移籍。 1958年、毎日大映オリオンズに移籍。 1959年、現役引退。26歳の若さで解説者となる。 1976年、フジテレビ「プロ野球ニュース」初代総合キャスター就任。 番組では「元野球選手の解説」と言うスタンスではなく、あくまで「司会者」に徹し、1988年まで務めた。 以降もスポーツキャスター、タレントとして活躍。 2001年4月から、フジテレビ739でスタートした新生「プロ野球ニュース」のキャスターを務める。 * (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 選手
  • エピソード
  • キャスター
  • スポーツ
  • タイトル
  • プロ野球
  • 内野手
  • 出演
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 打撃
  • 日本
  • 時代
  • 番組
  • 背番号
  • 著書
  • 表彰
  • 解説者
  • 記録
  • 詳細
  • 野球
  • 関連
  • ささき
  • しんや
  • 事務所
  • 代表
  • 佐々木
  • 信也
  • 株式会社
  • 活躍