生年月日データベース

森内俊之もりうちとしゆき

将棋棋士[日本]

1970年 10月10日

森内俊之 - ウィキペディアより引用

森内 俊之(もりうち としゆき、1970年10月10日 - )は、将棋棋士。
十八世名人資格保持者。
棋士番号は183。
勝浦修九段門下。
神奈川県横浜市出身。
日本将棋連盟棋士会副会長(2009年4月 - 2011年3月)。
棋歴 プロ入りまで 将棋を始めたきっかけは、森内が小学校3年生の頃、学校の休み時間にクラスメート内で流行していた、いい加減な将棋遊びに参加したという、ありふれたものだった。
だが、このゲームに魅力を感じた彼は父親に手ほどきを受け、正式な将棋を指すようになる。
家で将棋に熱中している森内の姿を見ていた彼の祖母は、あるとき、雑誌『将棋世界』を孫に渡した。
『将棋世界』との出会いをきっかけに、森内は将棋の新しい世界を知り、将棋にのめりこんでいく。
毎週土曜日に将棋会館で行われる将棋教室に通うなどし、本格的に将棋を学び始める。
それから1年ほど経つと、各地のデパートで開催される将棋大会にも参加するようになった。
同学年の羽生善治と出会ったのはこの頃だった。
最初の対戦はある将棋大会の予選で森内が勝ち、次の対戦は同大会の決勝トーナメントで羽生が勝った。

■ 映像作品

■ 関連書籍

もりうち-としゆき 1970-昭和後期-平成時代の将棋棋士。昭和45年10月10日生まれ。勝浦修門下。昭和62年4段。平成14年9段。同年丸山忠久をやぶり名人。16年羽生善治(はぶ-よしはる)にうばわれた名人位を奪還し,19年には4連覇をはたして通算5期となり永世名人の資格をえた。20年羽生に名人位を奪われたが,23年名人位に返り咲く。タイトルは名人8期,竜王2期,棋王1期,王将1期。棋風は「鉄板流」ともよばれる強靱な受けが特徴。神奈川県出身。サレジオ学院高卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 名人
  • 将棋
  • 棋士
  • エピソード
  • 日本
  • 永世
  • 獲得
  • 連盟
  • クラス
  • タイトル
  • データ
  • フリー
  • プロ
  • 主義者
  • 公式
  • 勝浦修
  • 合理
  • 同門
  • 基本
  • 宣言
  • 対局
  • 弟子
  • 棋歴
  • 棋風
  • 横浜市
  • 番号
  • 神奈川県
  • 降級
  • 会長
  • 保持者
  • 出身
  • 十八
  • 専務
  • 理事
  • 資格
  • 門下