誕生日データベース

芦川いづみあしかわいずみ

女優[日本]

1935年 10月6日

芦川 いづみ(あしかわ いづみ、1935年10月6日 - )は日本の元女優。
本名:伊藤 幸子(旧姓:芦川)。
松竹歌劇団時代に付いた愛称は「おムギ」(有馬稲子に顔立ちが似ており、彼女よりもたくましいということから「稲」ではなく「麦」だというシャレからついた愛称)。
日活の黄金期を代表する女優として知られる。
東京市滝野川区田端町(現・北区田端)に生まれる。
1952年法政大学潤光女子高校(現・法政大学女子高等学校)を中退し、松竹歌劇団付属松竹音楽舞踊学校に入学する。
同期に野添ひとみ、姫ゆり子、山鳩くるみ(小林夕岐子の母とは別人)らがいた。
このとき、芸名を「芦川いづみ」とする。
1953年、ファッション・ショーに出演中、偶然いあわせた松竹の川島雄三監督に認められ、川島監督の『東京マダムと大阪夫人』に、月丘夢路の妹役でデビューする。
その後、1955年、日活に移った川島監督の推薦で松竹歌劇団を退団し日活に入社する。
その後、『幕末太陽傳』などの川島監督の作品をはじめ、様々な役に挑戦し、松竹から移ってきていた北原三枝とともに日活の中心的な存在となった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 学校
  • 北区
  • 女子
  • 松竹
  • 法政大学
  • エピソード
  • テレビドラマ
  • バラエティー
  • 出演
  • 日活
  • 映画
  • 有馬稲子
  • 東京
  • 東京都
  • 注釈
  • 田端
  • 番組
  • 舞踊
  • 野添ひとみ
  • 音楽
  • 高等
  • シャレ
  • ムギ
  • 中退
  • 付属
  • 代表
  • 入学
  • 同期
  • 女優
  • 彼女
  • 愛称
  • 歌劇
  • 滝野川
  • 田端町
  • 顔立ち
  • 高校
  • 黄金期