生年月日データベース

福井謙一ふくいけんいち

化学者[日本]

1918年 10月4日

1998年 1月9日 死去享年81歳
福井謙一 - ウィキペディアより引用

福井 謙一(ふくい けんいち、1918年10月4日 - 1998年1月9日)は、日本の化学者。
京都大学・京都工芸繊維大学名誉教授。
日本学士院会員、ローマ教皇庁科学アカデミー会員、全米科学アカデミー外国人客員会員。
工学博士。
奈良県奈良市出身(大和郡山市出身の説もある)。
大阪市西成区育ち。
1930年3月 大阪市玉出第二尋常小学校卒業 1935年3月 旧制今宮中学校卒業 1938年3月 旧制大阪高等学校卒業 1941年3月 京都帝国大学工学部工業化学科卒業、同大学院入学。
同時に短期将校として燃料研究所へ入所。
1943年8月 京都帝国大学工学部燃料化学科講師(1966年 石油化学科に改組) 1945年9月 京都帝国大学工学部燃料化学科助教授 1948年6月 工学博士(「化学工業装置の温度分布に関する理論的研究」) 1951年4月 京都大学工学部燃料化学科教授(高温化学講座) 1965年1月 京都大学工学部燃料化学科教授(高圧化学講座 1966年より炭化水素物理化学講座に改称) 1970年11月 京都大学評議員(1971年4月まで) 1971年4月 京都大学工学部長(1973年3月まで) 1982年4月 京都大学退官 京都大学名誉教授 1982年6月 京都工芸繊維大学学長(1988年5月まで) 1988年6月 京都工芸繊維大学名誉教授、財団法人基礎化学研究所所長 1990年2月 学術審議会会長 1995年9月 日本学術振興会会長 1998年1月 逝去 満79歳没 業績 1952年、フロンティア軌道理論 (frontier orbital theory) を発表。

■ 関連書籍

ふくいけんいち [生]1918.10.4.奈良,奈良[没]1998.1.9.京都,京都化学者。京都帝国大学工学部卒業(1941),1948年学位取得。同大学工学部講師(1943),助教授(1945),京都大学工学部教授(1951),名誉教授(1982),京都工芸繊維大学学長(1982)などを歴任。1952年,化学反応過程における分子間の電子のふるまいについて,量子力学を応用してフロンティア軌道を定め,この特定の軌道の電子の役割との関連で化学反応性を説明する「フロンティア軌道理論」をアメリカの化学物理雑誌に発表,反響を呼んだ。1962年,「共役化合物の電子状態と化学反応に関する研究」で,日本学士院賞受賞。1981年には,化学反応過程の解明の業績に対し日本人初のノーベル化学賞を授与され,また文化功労者に選ばれると同時に文化勲章を受章した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • アカデミー
  • 会員
  • 科学
  • ノーベル
  • ローマ
  • 主要
  • 京都大学
  • 京都工芸繊維大学
  • 出生
  • 勲一等
  • 化学
  • 博士
  • 受賞歴
  • 叙勲
  • 名誉教授
  • 大和郡山市
  • 大綬章
  • 大阪市
  • 奈良市
  • 奈良県
  • 学士院
  • 工学
  • 教皇庁
  • 文化勲章
  • 日本
  • 旭日
  • 業績
  • 血縁
  • 西成区
  • 語録
  • 論文
  • 門下生
  • アジア
  • 全米
  • 出身
  • 勲等
  • 受章
  • 受賞
  • 外国人
  • 客員
  • 米国