誕生日データベース

マルチナ・ヒンギスMartina Hingis

プロテニス選手[スロバキア→スイス]

1980年 9月30日

マルチナ・ヒンギス - ウィキペディアより引用

マルチナ・ヒンギス(Martina Hingis, 1980年9月30日 - )は、スイスの女子プロテニス選手。
チェコスロバキア(現スロバキア)のコシツェに生まれる。
右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。
ヒンギスは早熟選手であったことから、女子テニス界における数々の最年少記録を保持している。
16歳の時に達成した世界ランキング1位(16歳6ヶ月)、4大大会年間3冠獲得は歴代最年少記録、4大大会初制覇(1997年全豪オープンに16歳3ヶ月で優勝)はオープン化以降の最年少記録である。
彼女は1998年に女子ダブルスの年間グランドスラムを達成したこともあり、シングルス・ダブルスともに世界ランキング1位になった数少ない選手のひとりである。
2013年国際テニス殿堂入り。
プロフィール 1980年9月30日、チェコスロバキアのコシツェで生まれる。
誕生時に、当時チェコスロバキアの代表選手だった母親メラニーが、同じチェコスロバキア出身の名選手マルチナ・ナブラチロワにあやかって娘を「マルチナ」と命名した。

■ 関連書籍

スイスの女子プロテニス選手。1980年9月30日、チェコスロバキア(現スロバキア)生まれ。93年、12歳にして全仏オープンジュニア女子シングルスで優勝。94年、14歳でプロデビューし、女子テニス協会「最優秀新人賞」を受賞。97年には、4大大会の一つ「全豪オープン」優勝と世界ランキング1位の最年少記録を打ち立てる。2002年の「ポルシェ・テニス・グランプリ」で2回戦敗退。これを機にツアーから離れ、03年、現役引退を表明したが、06年より再度、現役復帰。「全豪オープン」で準々決勝まで進み、ダブルスでは優勝を果たした。07年11月、「ウィンブルドン選手権」出場後にコカイン陽性反応を指摘され、本人は否定したものの引退を表明。国際テニス連盟は、07年ウィンブルドン以降の大会すべてを失格扱いとするなどの処分を下した。13年3月4日、「国際テニス殿堂」は、同年の殿堂入り表彰者に同選手をを選出。 (2013-3-7) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ダブルス
  • テニス
  • 記録
  • グランドスラム
  • 大会
  • 復帰
  • 混合
  • 選手
  • オープン
  • キャリア
  • シングルス
  • ツアー
  • 女子
  • 年少
  • 達成
  • コシツェ
  • スロバキア
  • パワー
  • プロフィール
  • ランキング
  • 世界
  • 優勝
  • 全豪
  • 到来
  • 各種
  • 国際
  • 天才
  • 少女
  • 年間
  • 引退
  • 殿堂
  • 活躍
  • 現役
  • 私生活
  • ひとり
  • ェコスロバキア
  • ストローク
  • バックハンド
  • ヒンギス
  • 保持
  • 初制覇
  • 協会
  • 右利き
  • 彼女
  • 手打ち
  • 数々
  • 早熟
  • 歴代
  • 獲得