生年月日データベース

五木寛之いつきひろゆき

作家[日本]

1932年 9月30日

五木 寛之(いつき ひろゆき、1932年9月30日 - )は、日本の小説家・随筆家。
作詞家としての活動も多い。
旧姓は松延(まつのぶ)。
生い立ち 1932年、教員の松延信蔵とカシエの長男として福岡県八女郡に生まれる。
生後まもなく朝鮮半島に渡り、父の勤務に付いて全羅道、京城など朝鮮各地に移る。
少年時代は、父から古典の素読や剣道、詩吟を教えられた。
第二次世界大戦終戦時は平壌にいたが、ソ連軍進駐の混乱の中では母死去、父とともに幼い弟、妹を連れて38度線を越えて開城に脱出し、1947年に福岡県に引き揚げる。
引き揚げ後は父方の祖父のいる三潴郡、八女郡などを転々とし、行商などのアルバイトで生活を支えた。
1948年に(旧制)福岡県立八女中学校に入学、ゴーゴリやチェーホフを読み出し、同人誌に参加してユーモア小説を掲載。
福岡県立福島高等学校に入学、ツルゲーネフ、ドストエフスキーなどを読み、テニス部と新聞部に入って創作小説や映画評論を掲載した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

いつきひろゆき [生]1932.9.30.福岡小説家。旧姓松延。第2次世界大戦終戦を平壌中学1年で迎え,1947年帰国。福岡の高校を卒業,早稲田大学露文科中退。業界紙編集,広告代理店勤務,コマーシャルソングの作詞など,職を転々としつつ,ソ連や北欧を訪れ,その見聞をもとにした『さらばモスクワ愚連隊』(1966)で注目される。続く『蒼ざめた馬を見よ』(66)で直木賞受賞。69年から12部24巻の構想で書きはじめられた大河小説『青春の門』で人気作家となる。ほかに『戒厳令の夜』(76),『四季・奈津子』(79),『風の王国』(85)など。R.バックの『かもめのジョナサン』の翻訳も話題を呼んだ。『五木寛之作品集』(24巻,72~74),『五木寛之小説全集』(36巻,79~81)がある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 作詞
  • テレビ
  • メディア
  • 仏教
  • 休筆
  • 作家
  • 作曲
  • 共著
  • 出演
  • 外国語
  • 委員
  • 対談
  • 小説
  • 年譜
  • 思想
  • 浄土
  • 翻訳
  • 評論
  • 選考
  • 随筆
  • 音楽
  • まつのぶ
  • 旧姓
  • 松延
  • 著作