誕生日データベース

隆慶一郎りゅうけいいちろう

作家脚本家[日本]

1923年 9月30日

1989年 11月4日 死去享年67歳
隆慶一郎 - ウィキペディアより引用

隆 慶一郎(りゅう けいいちろう、1923年〈大正〉12年)9月30日 - 1989年〈平成元年〉11月4日)は、日本の脚本家・小説家(時代小説作家)。
本名は池田 一朗(いけだ いちろう)。
本名で脚本、隆 慶一郎で小説、を執筆していた。
東京市赤坂区生まれ。
旧制同志社中学、第三高等学校を経て、東京大学文学部仏文科卒。
戦時中は学徒出陣で出征、陸軍士官として中国大陸を転戦した。
この時期に陣中に持って行った『葉隠』が、作家として『死ぬことと見つけたり』を書くきっかけとなった。
終戦後、復学して1948年 東京大学卒業、大学時代に師事していた小林秀雄が参画していた創元社(現:東京創元社)に入社する。
短期だが大学講師でも勤務した。
1950年頃、立教大学講師、中央大学助教授としてフランス語を、1959年まで教えていた。
1957年 脚本家としての活動を開始する。
当初は『陽のあたる坂道』など日活の映画を中心に脚本を手がける。
脚本家では、本名の池田 一朗(いけだ いちろう)で活動しており、実際に筆名の隆 慶一郎を名乗って活動したのは、晩年の作家活動期となった約5年間だけである。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

脚本家。作家。 1923年(大正12年)9月30日、生まれ。1989年(平成元年)11月4日、死去。 東京都出身。本名・池田一朗。 東京大学文学部仏文学科卒。卒業後は大学の先輩にあたる小林秀雄が重役を勤める出版社「創元社」の編集者、大学助教授などを経てシナリオライターの道につき、「池田一朗」名義で数多くの時代劇の脚本を書く*1。1984年に「吉原御免状」で作家活動のデビューを飾った。 網野民俗学の成果を取り込んだ意欲的な作風で知られ、没後も今なお多くのファンを有する。 また、作家活動期間が短かったため、近年の作家にしては多数の未完作品を残している。*2 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 小説
  • 学校
  • 高等
  • テレビドラマ
  • 作品
  • 受賞
  • 同志社
  • 小説家
  • 文学部
  • 日本
  • 旧制
  • 映画
  • 時代
  • 本名
  • 東京
  • 東京大学
  • 脚本
  • 脚本家
  • 赤坂
  • 逸話
  • 関連
  • 随筆
  • いけだ
  • いちろう
  • ペンネーム
  • 一朗
  • 中学
  • 仏文科
  • 作家
  • 執筆
  • 戦時
  • 池田