生年月日データベース

アブラハム・ゴットロープ・ウェルナーAbraham Gottlob Werner

地質学者[ドイツ]

1749年 9月25日

1817年 6月30日 死去享年69歳
アブラハム・ゴットロープ・ウェルナー - ウィキペディアより引用

アブラハム・ゴットロープ・ウェルナー(Abraham Gottlob Werner、1749年9月25日 - 1817年6月30日)は、ドイツの地質学者。
主な業績は鉱物分類法の基礎を築いたことと、構造地質学の分野を開拓したことである。
300年来鉄鋼業に関係してきた家に生まれる。
父は鋳鉄工場の管理をしていたが、ウェルナーは幼い頃からその仕事を手伝い、父の鉱物標本に興味を抱いていた。
1769年フライブルク大学で鉱山技術を学び、1771年ライプツィヒ大学で鉱山法を学んだ。
1774年の在学中に出した最初の論文「鉱物の外部の特徴について」が認められ、1775年から1817年にかけて、ドイツのザクセン州の町マインにあるフライベルク鉱山大学の教授を勤める。
彼は、鉱物のあらゆる経済的利用やその医学への応用、土の資源や富、それの人間文化への影響などについて講義し、学生たちを引きつけた。
歴史的な地質学の講義は、1779年から始めた。
地球の歴史についての講義はヨーロッパでは最初のもので、ウェルナーの見方が学界の多くの人に受け入れられていた。

「アブラハム・ゴットロープ・ウェルナー」と関連する人物

連想語句
  • 鉱物
  • 大学
  • ウェルナー
  • 地質
  • 概要
  • 講義
  • 鉱山
  • フライブルク
  • ライプツィヒ
  • 分類
  • 地球
  • 最初
  • 構造
  • 鉄鋼
  • 鋳鉄
  • これら
  • アルベルト
  • グノ
  • ゲオ
  • ザクセン
  • ジー
  • ドイツ
  • フライ
  • ベルク
  • マイン
  • ヨーロッパ
  • ルートヴィヒ
  • 人間
  • 仕事
  • 分布
  • 分析
  • 分野
  • 分類法
  • 利用
  • 化学
  • 医学
  • 在学
  • 地表
  • 基礎
  • 多く
  • 学生
  • 学界
  • 学術
  • 工場
  • 当時
  • 影響
  • 応用
  • 技術
  • 教授
  • 文化
  • 方法
  • 期待
  • 業績
  • 構成
  • 標本
  • 歴史
  • 特長
  • 用語
  • 知識
  • 管理
  • 精密
  • 興味
  • 見方
  • 論文
  • 資源
  • 鉱物学
  • 開拓
  • 関係