生年月日データベース

杉浦忠すぎうらただし

プロ野球選手、監督[日本]

1935年 9月17日

2001年 11月11日 死去急性心筋梗塞享年67歳
杉浦忠 - ウィキペディアより引用

杉浦 忠(すぎうら ただし、1935年9月17日 - 2001年11月11日)は、愛知県西加茂郡挙母町(現:豊田市)出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ・監督、解説者・評論家。
「史上最強のアンダースロー」「魅惑のアンダースロー」などと呼ばれた。
プロ入り前 挙母高校時代は無名の速球投手だったが、立教大学進学後は同期の長嶋茂雄・本屋敷錦吾と3人で「立教三羽ガラス」と呼ばれた。
1年春から登板があり、もともとオーバースロー投手であったが、大学2年の時にサイドスロー(アンダースローと呼ばれることなどもある)に転向した。
杉浦自身は、転向の理由を「メガネ」としている(当時のメガネはガラスとセルロイドで重かった)。
「上手投げ時代のフォームは上下動が激しかったので、投げるたびにずれて苦労していた」「それで、頭の位置を一定にさせるためにサイドスローがよいのではないかと思い、実際、やってみると見違えるようにコントロールが良くなった」「オーバースローで投げていたときの方が、ボールは速かったね。

■ 関連書籍

すぎうらただし [生]1935.9.17.愛知,豊田[没]2001.11.11.北海道,札幌プロ野球選手,監督。挙母(ころも)高等学校を経て1954年立教大学に入学。2年生のときに下手投げに転向して頭角を現した。長嶋茂雄と同期生で,東京六大学野球の投打のスターとして明治神宮野球場を沸かせた。1958年南海ホークスに入団,プロ1年目で27勝12敗,防御率2.05を記録して新人王に輝いた。翌1959年には38勝4敗,防御率1.40を記録し投手部門のタイトルを独占,最高殊勲選手に選ばれた。同1959年の読売ジャイアンツ(巨人)との日本シリーズでは,4連投で4連勝。伝説のマウンドさばきでチームを日本一に導いた。その後も球界を代表する下手投げ投手として君臨した。1970年に引退。通算成績は187勝106敗,防御率2.39。引退後は近鉄バファローズ投手コーチを経て,1986年南海ホークス監督,1989年福岡ダイエーホークス初代監督に就任,1990~93年同球団取締役を務めた。1995年野球殿堂入り。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • スタイル
  • プロ野球
  • 選手
  • アンダー
  • コーチ
  • スロー
  • プレー
  • プロ
  • ホークス
  • 一流
  • 南海
  • 引退
  • 愛知県
  • 投手
  • 投球
  • 時代
  • 条件
  • 栄光
  • 歴史
  • 現役
  • 監督
  • 西加茂郡
  • 解説者
  • 評価
  • 評論家
  • 豊田市
  • 野村克也
  • 野球
  • すぎうら
  • ライバル
  • 出身
  • 史上
  • 挙母
  • 挙母町
  • 最強
  • 杉浦
  • 稲尾
  • 関係
  • 魅惑