誕生日データベース

畠山和洋はたけやまかずひろ

プロ野球選手[日本]

1982年 9月13日

畠山和洋 - ウィキペディアより引用

畠山 和洋(はたけやま かずひろ、1982年9月13日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手(内野手、外野手)。
愛称は「Boo(ブー)」「ハタケ」。
プロ入り前 小学校から野球を始め、4年時には地元の少年団チームに加入した。
当時は野球だけでなくバスケットボールなど他のスポーツも楽しんでいた。
進学した花巻市立湯口中学校にはバスケ部が無かったため、野球に集中する。
抜きん出た飛距離のバッティングで活躍したが、フォームは我流であった。
中学3年の時に県大会で優勝している。
その後、実兄がエースを務めており、1972年に実父も投手として所属し選抜出場を果たしている、専修大学北上高等学校に進学した。
1年から三塁のレギュラーに定着し、打撃フォーム矯正にも成功した。
1998年の第80回全国高等学校野球選手権大会では、如水館との1回戦で、引き分け再試合を含む2試合に5番三塁で先発出場。
計7打数6安打3打点と活躍するが、チームは惜しくも再試合で敗退した。
2000年の第82回全国高等学校野球選手権大会は一回戦で森岡良介要する明徳義塾と対戦し敗退。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロ野球、東京ヤクルトスワローズの選手。 右投右打、ポジションは一塁手・三塁手・左翼手。背番号は33番。 1982年9月13日生まれ。岩手県出身。 2000年、ドラフト5位で、ヤクルトスワローズから指名を受け、入団にいたる。高校通算62本塁打と長打力に定評はあったものの、待って取る守備や、走塁能力の低さなどから評価を下げ、下位指名となっている。 2001年、一年目ながら、ファームのレギュラーに定着し、11本塁打を放つ活躍を見せたが、一軍昇格はならなかった。 2002年、前年に続きファームのレギュラーとして活躍し、19本塁打、56打点でイースタン・リーグの本塁打王と打点王の二冠に輝いた。 2008年、4月15日の対横浜戦で本塁打を放つなど幸先の良いスタートを切り、5月18日、初めて4番スタメンで起用された。以降4番に定着。 2010年シーズン途中、二軍時代からの恩師・小川淳司の方針で打撃を活かすため左翼手へコンバート。自己最多となる14本塁打をマークした。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 年度
  • 成績
  • 選手
  • タイトル
  • プロ
  • プロ野球
  • ヤクルト
  • ヤクルトスワローズ
  • 内野手
  • 外野手
  • 守備
  • 岩手県
  • 打席
  • 打撃
  • 時代
  • 東京
  • 登場
  • 背番号
  • 花巻市
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 関連
  • かずひろ
  • はたけやま
  • ハタケ
  • ブー
  • 出身
  • 和洋
  • 愛称
  • 所属
  • 畠山