生年月日データベース

槇文彦まきふみひこ

建築家[日本]

1928年 9月6日

槇文彦 - ウィキペディアより引用

槇 文彦(まき ふみひこ、1928年(昭和3年)9月6日 - )は、日本の建築家(一級建築士)。
モダニズム建築の作品や幕張メッセなどのメタリックな作品で知られる。
来歴・人物 東京都出身。
母方の祖父は竹中工務店の会長を務めた竹中藤右衛門。
1941年(昭和16年)慶應義塾幼稚舎卒業、慶應義塾普通部を経て慶應義塾大学予科を中退し、建築学科のある東京大学工学部建築学科に入り、1952年卒業。
丹下健三の研究室で外務省庁舎のコンペを担当した後、アメリカ合衆国に留学し、クランブルック美術学院およびハーバード大学大学院建築修士課程修了。
1954年に、スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル、翌1955年には、セルト・ジャクソン建築設計事務所に勤務。
その後はワシントン大学 (セントルイス)とハーバード大学で都市デザインを講じた。
1965年に槇総合計画事務所を設立。
1979年 - 1989年に東京大学教授を務めた。
ハーバード大学時代にホセ・ルイ・セルトのスタジオで学んでいたこともある。
ヒルサイドテラスは旧山手通り沿いで数次にかけて実施したプロジェクトであるが、10m軒線を守り、用途地域が変わった第六期では、10m以上の部分をセットバックさせている。

■ 関連書籍

まきふみひこ [生]1928.9.6.東京建築家。1952年東京大学工学部建築学科卒業。ハーバード大学で学ぶ。SOM建築事務所などを経て,ワシントン大学,ハーバード大学助教授をつとめ,79~89年東京大学教授。69年槇総合計画事務所を設立。59年メタボリズム・グループ結成に参画。群造型理論で知られる。おもな作品に日本建築学会賞を受賞した名古屋大学豊田講堂(1962)と藤沢市秋葉台文化体育館(84)がある。ほかに代官山集合住宅(69,73,77),スパイラル(84),京都国立近代美術館(86),幕張メッセ(88),東京都体育館(90)など。主著『記憶の継承』(91)。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 建築
  • 関連
  • プロジェクト
  • メッセ
  • モダニズム
  • 受賞
  • 家族
  • 幕張
  • 新国立競技場
  • 構想
  • 著作
  • 計画
  • 進行
  • 都市
  • メタリック
  • 建築士