生年月日データベース

西丸震哉にしまるしんや

生態学者[日本]

1923年 9月5日

2012年 5月24日 死去享年90歳

西丸 震哉(にしまる しんや、1923年9月5日 - )は、日本人の食生態学者、エッセイスト、探検家、登山家。

東京生まれ。
関東大震災の直後に生まれたので、父親が「震哉{ふるえるかな}」と、命名したという。
母方の祖父の弟が島崎藤村。
兄に西丸四方と島崎敏樹(共に精神医学者)がいる。

東京水産大学製造学科卒。
山登りが好きで仕事と趣味で、若い頃は毎年100日は山にこもったという。

大学卒業直後、釜石市の岩手県水産試験場勤務を経て農林省入省し、初代農林水産省食料研究所官能検査研究室長をつとめ、日本国内・国外各地に探検旅行をして、食糧危機や文明破局論を唱え続けた異色官僚として有名であったが、1980年に自主退官。

台湾山脈、パプアニューギニア、アマゾン、アラスカ、南北両極圏など世界の秘境を踏破。
それらの調査から「食」を通じて人間の行動様式を研究する「食生態学」を確立し、自ら食生態学研究所の所長として現代社会の異常性に警鐘を鳴らし続けている。
さらに科学、医学、天文など幅広い分野に精通するマルチ人間。

■ 関連書籍

にしまる-しんや 1923-昭和後期-平成時代の食生態学者。大正12年9月5日生まれ。島崎敏樹の弟。昭和22年農林省にはいり,食糧研究所の室長などをつとめる。食糧危機や文明破局論をとなえ,登山や海外の秘境探検などで異色官僚として知られた。55年退官し,大学講師をつとめ,執筆活動をおこなう。東京出身。第一水産講習所(現東京水産大)卒。著作に「41歳寿命説」「山の博物誌」「壊れゆく日本へ」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • エッセイスト
  • 共著
  • 大震災
  • 寿命
  • 山登り
  • 島崎敏樹
  • 島崎藤村
  • 探検家
  • 東京
  • 東京水産大学
  • 生態
  • 登山家
  • 祖父
  • 精神科医
  • 翻訳
  • 著書
  • 西丸四方
  • 論争
  • 関東
  • 関連
  • 仕事
  • 命名
  • 学科
  • 日本人
  • 母方
  • 直後
  • 製造
  • 趣味
  • 震哉