生年月日データベース

細川隆一郎ほそかわりゅういちろう

政治評論家[日本]

1919年 1月1日

2009年 8月25日 死去老衰享年91歳

細川 隆一郎(ほそかわ りゅういちろう、1919年1月1日 - 2009年8月25日)は、日本の政治記者・評論家・コメンテーター、タレント・ラジオパーソナリティである。
第79代内閣総理大臣の細川護熙は遠い親戚関係に当たる。
福岡県小倉市(現:北九州市)生まれ、熊本県出身。
東京府立四中(現:東京都立戸山高等学校)、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。
学位は政治学士(早稲田大学)。
憲法改正論者であり、「マッカーサーの押しつけ憲法だ。
自主憲法を持たなければ独立国とはいえぬ。
」(『毎日新聞』2009年10月7日朝刊、26面より引用)が信条であった。
統一教会(統一協会)関連の政治団体、勝共連合が行う「勝共運動」に賛同して来ており、統一教会系の新聞である『世界日報』にしばしば寄稿していた。
また「内外問題研究会」を主宰していた。
毒舌の話術を生かし、ワイドショーのコメンテーターとして活躍し、タレントとして政治と関連の薄い分野でも活躍した。
1996年6月11日からはタレントとして吉本興業に所属したこともあった(1999年とするメディアもあったが、誤り)。

■ 関連書籍

1919年1月1日〜2009年8月25日 日本の政治評論家。ジャーナリスト。元新聞記者。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。 1942年毎日新聞社に入社。1973年に退社して政治評論家となった。旧熊本藩一門家臣細川内膳家の分家の牧崎細川家の一族で元内閣総理大臣の細川護熙とは遠い親戚関係に当たる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 概説
  • 内閣
  • エピソード
  • タレント
  • テレビドラマ
  • パーソナリティ
  • ラジオ
  • レギュラー
  • 出演
  • 大臣
  • 家系
  • 小倉
  • 番組
  • 福岡県
  • 細川護熙
  • 総理
  • 著書
  • 親戚
  • 評論家
  • 関連
  • コメンテーター
  • 細川
  • 記者
  • 関係