生年月日データベース

いしいひさいち

漫画[日本]

1951年 9月2日 生 (満67歳)

いしいひさいち - ウィキペディアより引用

いしい ひさいち(本名石井壽一、男性、1951年(昭和26年)9月2日 - )は、日本の漫画家である。
最長期作品はののちゃん、代表作はがんばれ!!タブチくん!!である。
編集プロダクション「チャンネルゼロ」監査役。
新聞連載や4コマ漫画を中心として活動。
一方で「新聞漫画」「風刺画」を基調とせず、プロ野球、政治、経済、時事問題、推理小説、哲学、時代劇、学生の貧乏生活、庶民の家庭生活など多岐に渡るテーマを扱い、極度にデフォルメされたキャラクターと過激な皮肉、時として解読困難なナンセンスを含む独特な世界観を提供する。
第31回文藝春秋漫画賞、第7回手塚治虫文化賞短編賞、第32回日本漫画家協会賞大賞、第54回菊池寛賞を受賞。
「タブチくん!!」を始めアニメ化もされている。
岡山県玉野市(宇野)築港出身。
岡山県立玉野高等学校2年生の時、漫画研究会発足時に誘われて会員となる。
高校時代には虫プロ商事の漫画雑誌『COM』の読者投稿コーナー「ぐら・こん 基礎コース」に応募し、2度にわたって入選している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

四コマ漫画家。1951年岡山県玉野市生まれ。 関西大学に入学、漫画同好会で村上知彦や峯正澄らと交流、黎明期のコミックマーケットでも同人活動を行なう。 1972年、関西のタウン誌プレイガイドジャーナルでデビュー。バイトくんシリーズでコアな漫画ファンから注目を受ける。 1970年代末、当時阪神球団に在籍していた田淵幸一選手を主人公にすえた「がんばれ!!タブチ君」(双葉社)で全国区へ殴り込み、一躍ベストセラーになる。 1984年、文春漫画大賞受賞。 2006年、第54回菊池寛賞受賞。   数多の週刊誌、小説誌、漫画雑誌などで精力的な執筆活動を続け、朝日新聞で「ののちゃん」を連載中。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本
  • 出典
  • 岡山県
  • 玉野市
  • いしい
  • ひさいち
  • レイアウト
  • 国籍
  • 壽一
  • 本名
  • 生誕
  • 石井