誕生日データベース

山下敦弘

映画監督[日本]

1976年 8月29日

山下 敦弘(やました のぶひろ、1976年8月29日 - )は、日本の映画監督。
愛知県半田市出身。
大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。
略歴・人物 愛知県立半田高等学校在学中から自主映画を製作。
後の山下映画の常連俳優となる山本剛史とは中学校の同級生で、高校は別だったが自主映画仲間だった。
大学時代の先輩に熊切和嘉、山本浩司、宇治田隆史、本田隆一、元木隆史。
同期には寺内康太郎、呉美保、柴田剛などがいる。
卒業制作として撮った『どんてん生活』のビデオを、知人に配っていたら、篠崎誠経由で(北野武を国際的に紹介した批評家の)トニー・レインズに注目され、国際映画祭に出品される。
大学の同級生だった向井康介(現在は脚本家)とのコンビで『どんてん生活』(1999年)『ばかのハコ船』(2002年)『リアリズムの宿』(2003年)の通称"ダメ男三部作"を20代の若さで完成させ、そのオフビートな作風から「日本のアキ・カウリスマキ」「日本のジム・ジャームッシュ」などと称される(向井と2人の脚本共作体制は『松ヶ根乱射事件』まで続く)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 映画
  • テレビドラマ
  • 作品
  • 俳優
  • 公開
  • 出演作
  • 劇場
  • 受賞歴
  • 大阪芸術大学
  • 学校
  • 学部
  • 宇治田隆史
  • 山本剛史
  • 山本浩司
  • 愛知
  • 本田
  • 熊切和嘉
  • 監督
  • 県立
  • 短編
  • 自主
  • 芸術
  • 関連
  • 阿久比
  • 隆一
  • 高等
  • 中学校
  • 仲間
  • 先輩
  • 卒業
  • 同級
  • 在学
  • 大学
  • 学科
  • 山下
  • 常連
  • 映像
  • 時代
  • 製作
  • 高校