生年月日データベース

ライト・ミルズCharles Wright Mills

社会学者[アメリカ]

1916年 8月28日

1962年 3月20日 死去享年47歳

チャールズ・ライト・ミルズ(Charles Wright Mills、1916年8月28日 - 1962年3月20日)は、アメリカの社会学者。
テキサス州生まれ。
1941年、ウィスコンシン大学で博士号を取得、メリーランド大学準教授となる。
第2次大戦後の1946年から没年まで、コロンビア大学教授を務めた。
研究・業績 出世作『ホワイト・カラー』では、新中間層が増加した理由を述べ、さらにその政治的な無関心さを指摘した。
続く『パワー・エリート』ではアメリカ社会の支配構造を分析し、激しく糾弾した。
ミルズにはマルクス主義への接近もみられたものの、急逝のため、理論的な統合は実現しなかった。
パワー・エリート パワー・エリートとはアメリカ社会の政策決定に対し、独占的な影響力を行使できるとされる権力層のことである。
そうしたパワーエリートは、政治・経済・軍事の各分野に於けるヒエラルキーのトップであり(政府機関幹部、政治指導者、大企業幹部、軍幹部など)、ミルズは、これら権力層が権力構造維持による利益の一致から協力して大衆を操作していると分析した。

■ 関連書籍

連想語句
  • 大学
  • 業績
  • ウィスコンシン
  • エリート
  • コロンビア
  • テキサス州
  • パワー
  • パーソンズ
  • メリーランド
  • 共著
  • 単著
  • 学者
  • 想像力
  • 批判
  • 社会
  • 著書
  • 邦訳
  • 関連
  • 博士号
  • 大戦
  • 教授
  • 没年
  • 準教授