誕生日データベース

五島昇ごとうのぼる

東京急行電鉄 元社長[日本]

1916年 8月21日

1989年 3月20日 死去享年74歳

五島 昇(ごとう のぼる、1916年(大正5年)8月21日 - 1989年(平成元年)3月20日)は、日本の実業家。
東京急行電鉄社長・会長。
日本商工会議所会頭。
五島慶太の長男。
来歴・人物 東京・駿河台に五島慶太、万千代(旧姓久米)の長男として生まれた。
学習院初等科、中等科、高等科を経て東京帝国大学経済学部を卒業し、東京芝浦電気に入社。
学生時代は野球部に籍を置き捕手としてならしたが中途退部の後ゴルフ部へ転向。
戦時中は、陸軍大尉として軍務に就く。
1945年(昭和20年)東京急行電鉄に入社。
1948年(昭和23年)に新発足した東急横浜製作所(現・総合車両製作所)、京浜急行電鉄の取締役となり、1954年(昭和29年)、東急社長に就任。
その他、死去するまで、グループ各社の会長もしくは相談役、京王帝都電鉄(現・京王電鉄)、小田急電鉄の取締役の他、松竹、歌舞伎座の取締役相談役なども歴任した。
父の慶太が強引な企業買収により事業拡大を目指したのに対し、昇は反対の事業展開を目指す。
慶太死去の際、東急は東洋精糖を買収工作中で、激しい企業間紛争となっていたが、昇はすぐさま撤退に着手し慶太死去のわずか27日後に完全撤退した。

■ 関連書籍

ごとうのぼる [生]1916.8.21.東京[没]1989.3.20.昭和期の実業家。東京急行電鉄会長であった五島慶太の子として生れ,東京帝国大学を卒業後,東京芝浦電気から東急横浜製作所へ入社。その後,京浜急行取締役,東急不動産社長などを経て,1954年,東京急行電鉄社長に就任。経済団体連合会(経団連)常任理事,日本経営者団体連盟(日経連)常任理事,日本民営鉄道協会副会長,日本商工会議所会頭を歴任し,東急建設,東急不動産,東急百貨店の各会長をつとめるなど,幅広い財界活動を行なった。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 東京
  • 学習院
  • 五島慶太
  • 高等
  • 初等
  • 大学
  • 学部
  • 実業家
  • 家族
  • 帝国
  • 年譜
  • 日本商工会議所
  • 東京急行電鉄
  • 神田
  • 経済
  • 親族
  • 長男
  • 関連
  • 駿河台
  • 万千代
  • 中等
  • 久米
  • 会長
  • 会頭
  • 卒業
  • 日本
  • 旧制
  • 旧姓
  • 東芝
  • 社長