生年月日データベース

アグネス・チャンAgnes Chan

歌手タレント[香港]

1955年 8月20日

アグネス・チャン(本名:陳美齡、英語:Agnes Miling Kaneko Chan、広東語:チャン・メイリン、北京語:チェン・メイリン、日本名:金子 陳 美齢(かねこ チャンメイリン)、1955年8月20日 - )は、香港の歌手、エッセイスト。
カトリック教徒で、「アグネス」は洗礼名である。
トロント大学卒業。
1992年6月スタンフォード大学大学院教育学博士課程を修了。
1994年には博士号が授与された。
初代日本ユニセフ協会大使、ユニセフアジア親善大使。
血液型AB型。
初代「ほほえみ大使」も務める。
1972年、代表曲の一つである「ひなげしの花」で、日本での歌手デビューを果たす。
高く澄んだ歌声と愛くるしいルックス、たどたどしいが一生懸命日本語で歌う姿が受けて、一躍人気アイドルとなった。
日本ではその後も「草原の輝き」、「小さな恋の物語」、「星に願いを」、「ポケットいっぱいの秘密」、「愛の迷い子」、「恋人たちの午後」「白いくつ下は似合わない」、香港における「The Circle Game」「香港香港」、「雨中のカーネション」などヒット曲は多く、台湾やアメリカ合衆国などでも音楽活動を行っている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名アグネス・チャン 性別女性 生年月日1955/08/20 星座しし座 干支未年 血液型AB 出身地香港 ブログタイトルアグネス・チャンオフィシャルダイアリー ブログURLhttp://www.agneschan.gr.jp/blog/ 職種音楽/文化人 プロフィール1972年、『ひなげしの花』で日本デビュー。一躍アグネス・ブームを起こす。上智大学国際学部を経て、カナダのトロント大学(社会児童心理学)を卒業。1984年、国際青年記念平和論文で特別賞を受賞。翌年、北京チャリティーコンサートの後、エチオピアの飢餓地帯を取材、その後、芸能活動のみならずボランティア活動、文化活動にも積極的に参加。1989年、米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学。1994年、教育博士号取得。1998年、日本ユニセフ協会大使に就任。以来、タイ、スーダン、東西ティモール、フィリピン、カンボジア、イラク、モルドバ共和国と視察を続け、その現状を広くマスコミにアピール。2000年、歌手活動を再開し、シングル『この身がちぎれるほどに』は20万枚のヒットを記録。2002年、初の短編小説集『パーフェクト・カップル』を発売。2006年、全米歌手デビュー。芸能活動のほか、エッセイスト、大学教授、日本ユニセフ協会大使など文化人としても幅広く活躍。 代表作品著書『みんな未来に生きるひと』/著書『この道は丘へと続く』/著書『パーフェクト・カップル』 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大使
  • 大学
  • カトリック
  • 香港
  • エッセイスト
  • スタンフォード
  • トロント
  • マウント
  • メリー
  • 児童
  • 初代
  • 卒業
  • 博士号
  • 国際
  • 国際連合
  • 地域
  • 基金
  • 日本ユニセフ協会
  • 概要
  • 歌手
  • 洗礼
  • 連合
  • アグネス
  • アジア
  • スクール
  • ミッション
  • 中国語
  • 中学
  • 住宅街
  • 修了
  • 博士
  • 国内
  • 大学院
  • 太平洋
  • 授与
  • 教会
  • 教徒
  • 教育
  • 機関
  • 親善
  • 課程
  • 高校
  • 高級