誕生日データベース

大西巨人おおにしきょじん

作家[日本]

1916年 8月20日

2014年 3月12日 死去肺炎享年99歳

大西 巨人(おおにし きょじん、1916年(大正5年)8月20日 - 2014年(平成26年)3月12日)は、福岡県福岡市出身の小説家・評論家。
本名は同じく「巨人」と書いて「のりと」。
マルクス主義の立場を堅持し、唯物論的観点から個人の尊厳を創作で追究した。
小説・批評のいずれにおいても、常に主体を明確にした、論理性を重んじる文体を用いている。
福岡中学、福岡高校卒業、九州帝国大学法文学部中退。
毎日新聞西部本社勤務を経て、1942年対馬要塞重砲兵聯隊入隊。
1946年 福岡高校の同級生であった宮崎宣久とともに綜合雑誌『文化展望』を創刊。
『文化展望』に執筆した時評文が注目され、『近代文学』同人となる。
上京後、1950年代前半には新日本文学会の事務局に勤務し、会の組織再編を担当しながら評論を書く。
このとき、会再編の方法と野間宏『真空地帯』を論じた「俗情との結託」での作品評価をめぐって宮本顕治と論争する。
兵隊経験を基に、日本軍を舞台にした全八部約四七〇〇枚の大長編小説『神聖喜劇』を約四半世紀を費やして著す。

■ 関連書籍

】 [1919~2014]小説家・批評家。福岡の生まれ。本名、巨人(のりと)。新聞社勤務を経て、対馬要塞重砲兵連隊に入隊。戦後「近代文学」同人となる。昭和27年(1952)、評論「俗情との結託」で野間宏の「真空地帯」を批判し論争を引き起こした。長編小説「神聖喜劇」を約25年かけて執筆し、昭和55年(1980)完成。硬質な文体と社会の問題点を突く鋭い風刺で知られる。他に「三位一体の神話」「五里霧」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 小説
  • 福岡
  • シナリオ
  • テレビ
  • マルクス
  • 主義
  • 共著
  • 出典
  • 小説家
  • 日本
  • 注釈
  • 漫画
  • 番組
  • 福岡市
  • 福岡県
  • 編著
  • 著作
  • 評論
  • 評論家
  • いずれ
  • のりと
  • 中学
  • 主体
  • 個人
  • 出身
  • 創作
  • 唯物論
  • 堅持
  • 学校
  • 尊厳
  • 巨人
  • 批評
  • 文体
  • 明確
  • 本名
  • 県立
  • 立場
  • 論理性
  • 追究
  • 高等