生年月日データベース

中尾佐助なかおさすけ

植物学者[日本]

1916年 8月12日 生 (満102歳)

中尾 佐助(なかお さすけ、1916年8月16日 - 1993年11月20日)は、愛知県豊川市出身の植物学者。
ヒマラヤ山麓から中国西南部を経て西日本に至る「照葉樹林帯」における文化的共通性に着目した「照葉樹林文化論」を提唱した。

京大在学中から、朝鮮北部、モンゴル、ネパール、ブータン、インド北東部、ミクロネシア、サハリンなどを探検し、植物分布などの学術調査を行った。

1952年、日本山岳会のマナスル踏査隊に参加し、ネパール・ヒマラヤの照葉樹林帯における植生や生態系を調査する中で、そこに生活する人々の文化要素に日本との共通点が多いことを発見、後に佐々木高明らとともに「照葉樹林文化論」を提唱するに至る。

なお、中尾の大阪府立大学時代の教え子である西岡京治が、コロンボ計画の一環としてブータンの農業技術指導に半生を捧げ、後に国の恩人として国王から最高爵位を受けている。

■ 関連書籍

「中尾佐助」と関連する人物

連想語句
  • 大学
  • 樹林
  • 照葉
  • 農学部
  • 京都
  • 共編
  • 博士
  • 大阪府立大学
  • 帝国
  • 愛知県
  • 文化
  • 育種
  • 著書
  • 表彰
  • 豊川市
  • 農学
  • 関連
  • ヒマラヤ
  • 中国
  • 京都大学
  • 入学
  • 共通性
  • 副手
  • 卒業
  • 南部
  • 同学部
  • 同年
  • 山麓
  • 提唱
  • 教授
  • 栽培
  • 植物学
  • 浪速
  • 生物学
  • 着目
  • 西
  • 西日本
  • 講師
  • 農林
  • 遺伝