生年月日データベース

河原隆一かわはらりゅういち

プロ野球選手[日本]

1971年 8月10日

河原 隆一(かわはら りゅういち、1971年8月10日 - )は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手(投手)。
プロ入り前 市立横浜商高時代は、1989年に行われた第61回選抜高等学校野球大会に出場、準決勝で種田仁、元木大介率いる上宮高に敗退。
卒業後は、関東学院大学に進学。
大学時代は、1993年の全日本大学野球選手権大会で準優勝、対久留米大学戦で当時の大会記録の17奪三振を記録。
同年のドラフト会議で横浜ベイスターズを逆指名し、ドラフト1位で入団。
当時巨人も獲得を目指し、横浜以上の金銭条件を提示したが地元の横浜が選ばれた。
プロ入り後 1995年4月11日、対巨人戦で初登板。
1997年4月13日、対広島戦で初勝利。
大矢明彦監督により左の中継ぎとして起用され、この年のリーグ最多登板を記録。
防御率は6点台だったが、ワンポイント起用が多いため、1自責点でも大きく防御率が跳ね上がることが多かった。
3試合連続で1/3回を無失点に抑え続けても、その後にソロ本塁打を浴びれば防御率は0.00から9.00まで跳ね上がるというポジションだったため、防御率よりも1つ1つのアウトが評価された。

■ 映像作品

連想語句
  • プロ
  • 投手
  • 選手
  • プロ野球
  • 年度
  • 成績
  • 横浜市
  • 神奈川県
  • 背番号
  • 記録
  • 詳細
  • 関連
  • かわはら
  • りゅういち
  • 出身
  • 河原
  • 隆一