誕生日データベース

中田喜直なかだよしなお

作曲家[日本]

1923年 8月1日

2000年 5月3日 死去直腸がん享年78歳
中田喜直 - ウィキペディアより引用

中田 喜直(なかだ よしなお、1923年(大正12年)8月1日 - 2000年(平成12年)5月3日)は、日本の作曲家。
東京市(現在の東京都渋谷区)出身。
『ちいさい秋みつけた』や『めだかの学校』『夏の思い出』など、今日も小中学校の音楽の時間で歌い継がれている数々の楽曲を作曲した日本における20世紀を代表する作曲家の一人である。
父は「早春賦」で知られる作曲家の中田章、兄は作曲家・ファゴット奏者の中田一次である。
妻の中田幸子は、音楽出版ハピーエコーの代表であり、喜直の作品を多数出版している。
また、はいだしょうこの声楽の師匠でもある。
本名 : 中田喜直(字は同じで、下の名前の読みが「よしただ」) 苗字の読み方は「なかた」ではなく「なかだ」である。
因みに甥の中田佳彦は大瀧詠一と細野晴臣共通の友人で、ポップスの勉強会を立ち上げる等交流のあった人物、大瀧と「EYES」というデュオを組んでいた時期がある。
後に大瀧のアルバム「大瀧詠一」収録の「おもい」のアレンジを手掛ける。
それが縁でアルバム「多羅尾伴内楽団Vol.1」において「雪の降る街を」をインストでカバーしている。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 作曲
  • 概要
  • さい
  • ちい
  • めだか
  • 作曲家
  • 出典
  • 合唱曲
  • 器楽曲
  • 学校
  • 市町村
  • 年譜
  • 思い出
  • 放送
  • 東京
  • 東京都
  • 校歌
  • 歌曲
  • 歌謡
  • 活動
  • 渋谷区
  • 童謡
  • 著書
  • 出身
  • 日本
  • 現在