生年月日データベース

神林長平かんばやしちょうへい

SF作家[日本]

1953年 7月10日

神林 長平(かんばやし ちょうへい、本名:高柳 清、1953年7月10日 - )は、日本のSF作家。
「SF作家第三世代」を代表する作家。
日本SF作家クラブでは11代目会長だったが、2015年現在、退会している。
1953年 - 新潟県新潟市に生まれる。
1972年 - 長岡工業高等専門学校卒業。
1979年 - 「狐と踊れ」が第5回ハヤカワ・SFコンテストに佳作入選、『SFマガジン』9月号に掲載されデビュー。
1983年 - 第14回星雲賞日本短編部門を『言葉使い師』(短編集『言葉使い師』に収録)にて受賞。
1984年 - 第15回星雲賞日本長編部門を『敵は海賊・海賊版』、日本短編部門を『スーパー・フェニックス』(連作短編集『戦闘妖精・雪風』に収録)にて受賞。
ダブル受賞は初。
1985年 - 第16回星雲賞日本長編部門を『戦闘妖精・雪風』にて受賞。
1987年 - 第18回星雲賞日本長編部門を『プリズム』にて受賞。
1995年 - 第16回日本SF大賞を『言壺』にて受賞。
1998年 - 第29回星雲賞日本長編部門を『敵は海賊・A級の敵』にて受賞。

■ 映像作品

■ 関連書籍

SF作家。新潟県新潟市出身。 現役作家としては、もっとも評価も高く人気もある一人。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 短編
  • シリーズ
  • カワ
  • クラブ
  • コンテスト
  • ハヤ
  • マガジン
  • 作品
  • 作家
  • 妖精
  • 工業
  • 戦闘
  • 新潟市
  • 新潟県
  • 日本
  • 星雲
  • 海賊
  • 火星
  • 著書
  • 言葉
  • 連作
  • 長岡
  • 長編
  • 関連
  • 雪風
  • 高等専門学校
  • デビュー
  • 会長
  • 佳作
  • 入選
  • 卒業
  • 収録
  • 掲載
  • 現在
  • 退会
  • 部門