誕生日データベース

ハンス・オフトMarius Johan "Hans" Ooft

男子サッカー選手、監督[オランダ]

1947年 6月27日

ハンス(Hans)の愛称で知られるマリウス・ヨハン・オフト(Marius Johan Ooft、1947年6月27日 - )は、オランダ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。
選手時代のポジションはFW。
ドーハの悲劇時の日本代表監督。
来歴・人物 父親はアフリカ系黒人の移民。
1947年、オランダロッテルダムにて4男1女の末子として出生、幼少から身近な遊びであったサッカーに興じ1954年、オランダでプロサッカーリーグ発足しサッカーブームの熱にあたる。
8歳時ローカルクラブの「デ・ムッション」のユース(サッカーと柔道)に所属、15歳頃にはフェイエノールトからスカウトの声がかかる。
この頃のポジションはセンター・フォワード。
16歳、当時柔道ブームでサッカーか柔道かと悩んでいたがユースを追い出されシニアチームへと放り込まれる。
この頃、サッカー観戦に来ていたマリヨと知り合いダンスに誘い実家に招かれるが父親がCVVクラブの会長と判明し仰天。
1964年、17歳、高校を卒業してフェイエノールトと契約。
19歳時に徴兵、1年半軍務に服す中、21歳以下軍チームの代表に選出。

■ 映像作品

■ 関連書籍

サッカーの監督。指笛?と「トライアングル」「アイコンタクト」「スモールフィールド」の呪文が有名 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サッカー
  • クラブ
  • 所属
  • 柔道
  • エピソード
  • オランダ
  • タイトル
  • ドーハ
  • フォワード
  • ブーム
  • ポジション
  • ロッテルダム
  • 代表
  • 悲劇
  • 指導
  • 日本
  • 書籍
  • 関連
  • アフリカ
  • カー
  • ション
  • スカウト
  • センター
  • フェイエノールト
  • プロ
  • ユー
  • ユース
  • リーグ
  • ローカル
  • 出生
  • 幼少
  • 当時
  • 指導者
  • 時代
  • 末子
  • 父親
  • 発足
  • 監督
  • 移民
  • 身近
  • 選手
  • 黒人