誕生日データベース

北杜夫きたもりお

作家エッセイスト、精神科医[日本]

1927年 5月1日

2011年 10月24日 死去享年85歳
北杜夫 - ウィキペディアより引用

北 杜夫(きた もりお、本名:斎藤 宗吉(さいとう そうきち)、1927年5月1日 - 2011年10月24日)は、日本の小説家、エッセイスト、精神科医、医学博士。
祖父は医師で政治家の斎藤紀一。
父は紀一の養子で、歌人で医師の斎藤茂吉。
兄はエッセイストで精神科医の斎藤茂太。
娘はエッセイストの斎藤由香。
生い立ち 東京市赤坂区青山南町(現在の東京都港区南青山)に、母・斎藤輝子、父・茂吉の次男として生まれた。
生家は母・輝子の実父・斎藤紀一が創設した精神病院「青山脳病院」であった。
少年時代は昆虫採集に深く熱中する日々を送り、文学には興味を抱かなかった。
青南小学校では4年まで金免状の優等生だったが、病欠で5年から劣等生となり、府立一中の受験を断念した。
麻布中学時代の成績は259人中6番であった。
麻布では不良グループの1人につきまとわれ、手の指の間に指を挟まれて締めつけられるなどのいじめを受けた。
国語で、勝俣久作の指導を受けた。
部活動では博物班に入り、当時部長であったフクロウこと橋本碩の指導を受け昆虫採集にのめり込んでいった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

きたもりお [生]1927.5.1.東京,東京[没]2011.10.24.東京作家。本名は斎藤宗吉。歌人斎藤茂吉の二男として生まれ,東北大学医学部を卒業後,慶應義塾大学病院助手を経て長兄経営の斎藤神経科病院に勤務,かたわら小説の執筆を行ない,ナチス支配下のドイツの精神科医の悲劇を描いた『夜と霧の隅で』(1960)で芥川賞を受賞。水産庁のマグロ調査船の船医としての経験を描いた『どくとるマンボウ航海記』(1960)に始まる「どくとるマンボウ」シリーズで豊富な知識と警抜な観察を軽妙な筆致で綴り,多くの読者を集めた。また『楡家の人々』(1964,毎日出版文化賞)では父を中心とする生家3代の命運を重厚な構成で描いている。その後も『木精』(1975),『輝ける碧き空の下で』(1982,日本文学大賞)などの作品を発表した。ほかに,『北杜夫全集』(全15巻,1976~77)など。1998年に『青年茂吉』(1991),『壮年茂吉』(1993),『茂吉彷徨』(1996),『茂吉晩年』(1998)の茂吉評伝4部作で大佛次郎賞を,2001年海洋文学大賞特別賞を受賞した。1996年日本芸術院会員。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • エッセイスト
  • 医師
  • 精神科医
  • エピソード
  • ペンネーム
  • 作家
  • 作風
  • 医学
  • 博士
  • 受賞歴
  • 学歴
  • 小説
  • 斎藤由香
  • 斎藤紀一
  • 斎藤茂吉
  • 斎藤茂太
  • 昆虫
  • 晩年
  • 職歴
  • 著書
  • 躁鬱病
  • 関心
  • 随筆
  • 政治家
  • 歌人
  • 祖父
  • 紀一
  • 評伝
  • 随筆家
  • 養子