生年月日データベース

金慶珠キム・キョンジュ

言語学者[韓国]

(慰安婦問題・竹島問題・日本の嫌韓感情について、全て韓国に都合の良い解釈を展開)

1967年

金 慶珠(キム・キョンジュ、김경주、1967年(昭和42年) - )は、韓国出身の言語学者(東京大学博士)。
東海大学教養学部国際学科准教授。
専門は、社会言語学、メディア論、朝鮮半島の文化と社会に関する研究。
芸能事務所ホリプロ所属。
学位は博士(学術)。
ソウル特別市生まれの韓国人だが、幼少期を兵庫県芦屋市で過ごすなど(父親の仕事の都合で小学生時代に4年間、西宮に住んでた)日韓両国に長い在住経験を持つ。
日韓両国語のネイティブスピーカー。
地上波テレビ番組への出演や韓国の新聞・ラジオにも寄稿や出演を行っている。
青山繁晴を一方的に忌避しており、その結果、二人が同時に出演する予定だったサンデースクランブルが青山の出演をキャンセルする原因を作ったとされる。
2015年にテレビ東京の「巷の噺」に出演し、自分自身のことを「男は寝れるかどうかで判断する」「男をふる時はバッサリ切り捨てる」「自分から好きになったら押し倒すタイプ」「男運が無い」と述べている。

■ 関連書籍

韓国人社会言語学者。1967年生まれ。韓国出身。梨花女子大学校社会学科卒業。韓国外国語大学校大学院修士課程修了。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。 日本の地上波テレビ番組への出演や韓国の新聞への寄稿を数多く行っている。また、少女時代を兵庫県芦屋市で過ごしている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 社会
  • ソウル
  • ホリプロ
  • メディア
  • 主張
  • 出演
  • 博士
  • 学術
  • 朝鮮半島
  • 特別市
  • 芦屋市
  • 著作
  • 言語学
  • 韓国人
  • 両国
  • 事務所
  • 仕事
  • 兵庫県
  • 出典
  • 在住
  • 学位
  • 専門
  • 小学生
  • 幼少期
  • 所属
  • 教授
  • 文化
  • 日韓
  • 時代
  • 父親
  • 経験
  • 芸能
  • 西宮
  • 都合