誕生日データベース

貝塚茂樹かいづかしげき

歴史学者・東洋史[日本]

1904年 5月1日

1987年 2月9日 死去享年84歳

貝塚 茂樹(かいづか しげき、1904年(明治37年)5月1日 - 1987年(昭和62年)2月9日)は、日本の東洋学者、中国史学者。
専攻は古代中国考古学。
京都大学名誉教授。
文学博士。
勲二等瑞宝章叙勲、文化功労者顕彰、文化勲章受章。
旧姓は小川、貝塚は1945年(昭和20年)に入り婿した妻の実家の姓である。
年譜 学歴 1904年(明治37年)- 5月 東京に小川琢治の次男として生まれる 京都一中、三高を経て 1928年(昭和3年)- 3月 京都帝国大学文学部史学科卒業、4月 同大学院文学研究科に進学 1930年(昭和5年)- 3月 同修士課程修了、4月 同博士後期課程に進学 1932年(昭和7年)- 5月 同大学院中途退学 1961年(昭和36年)- 11月 文学博士(京都大学、学位論文『甲骨文時代区分の基礎的研究 』) 研究歴 1932年(昭和7年)- 5月 東方文化学院京都研究所研究員 1938年(昭和13年) - 4月 改組に伴い東方文化研究所 1949年(昭和24年)- 4月 改組に伴い京都大学人文科学研究所教授、10月 同所長(〜1955年3月) 1951年(昭和26年)- 1月 日本学術会議会員 1958年(昭和33年)- 9月 コロンビア大学研究員 1968年(昭和43年)- 3月 京都大学定年退官、4月 京都大学名誉教授 1979年(昭和54年)- 12月 財団法人人文科学協会理事長 1981年(昭和56年)- 9月 東方学会会長 受賞 1948年(昭和23年)- 朝日賞 1962年(昭和37年)- 毎日出版文化賞 栄典・顕彰 1974年(昭和49年)- 勲二等瑞宝章 1976年(昭和51年)- 文化功労者 1984年(昭和59年)- 文化勲章 1987年(昭和62年)- 贈従三位・贈勲一等瑞宝章(没時叙位陞勲) 研究 研究成果 従前の文献学的な研究法に対して、甲骨文字に代表される出土資料に着目した研究方法を提唱した。

■ 関連書籍

かいづかしげき [生]1904.5.1.東京[没]1987.2.9.京都中国史学者。地理学者で農商務省地質調査所技師の小川琢治を父に,工学者の小川芳樹を兄に,物理学者の湯川秀樹と中国文学の小川環樹を弟にもつ。1928年京都大学文学部史学科卒業とともに狩野直喜に随行して北京を訪れた。帰国後,中国古代史の研究を志し京都大学大学院に進み,32年東方文化学院京都研究所(現・京都大学人文科学研究所)研究員となる。戦後ただちに『中国古代史学の発展』(46)を刊行し朝日文化賞を受賞。45年妻の実家の養子となり貝塚姓に改姓。49~68年京都大学人文科学研究所教授・所長。甲骨文字3000点余の整理に力を注ぐとともに,『中国古代の国家』『殷周古代史の再構築』『孔子』『諸子百家』『韓非子』など中国史関連の多数の著作がある。そのほか,日本の民俗学的アプローチによって中国古典を再解釈しようとした『神々の誕生』,さらには『毛沢東』『孫文と日本』など,近代から現代を扱ったものまで多くの著書を発表した。84年文化勲章を受章。 (引用元 コトバンク)

「貝塚茂樹」と関連する人物

連想語句
  • 年譜
  • 学者
  • 顕彰
  • 中国
  • 中国史
  • 京都大学
  • 入り婿
  • 功労者
  • 博士
  • 受賞
  • 古代
  • 学歴
  • 家族
  • 文化
  • 文化勲章
  • 文学
  • 東洋
  • 栄典
  • 注釈
  • 瑞宝章
  • 研究成果
  • 研究歴
  • 考古学
  • 著書
  • 関連
  • 勲二等
  • 受章
  • 叙勲
  • 名誉教授
  • 実家
  • 専攻
  • 小川
  • 日本
  • 旧姓
  • 昭和
  • 貝塚