生年月日データベース

八重樫幸雄やえがしゆきお

プロ野球選手[日本]

1951年 6月15日 生 (満67歳)

八重樫 幸雄(やえがし ゆきお、1951年6月15日 - )は、宮城県仙台市出身の元プロ野球選手(捕手)・コーチ・監督。
仙台商高では1年生の時に一塁手、七番打者として1967年の夏の甲子園に出場。
2回戦で、この大会に優勝した習志野高に敗れる。
翌1968年から捕手となり、夏の甲子園予選では東北大会準決勝で東北高と対戦するが、エース佐藤政夫に抑えられ惜敗。
1969年夏の甲子園には四番打者として出場。
2回戦では広陵高の佐伯和司投手を打ち崩し、準々決勝に進むが玉島商に敗退した。
1970年、ドラフト1位でヤクルトアトムズに入団。
東北球界始まって以来の大型捕手と評されたが、別所毅彦監督は即座に外野転向を指令。
更に1971年から指揮を執った三原脩監督には三塁へのコンバートを命じられた。
大型捕手を内外野に移そうとした最大の理由は同期入団で大学出の大矢明彦の存在があり、正捕手不在のチームは鉄砲肩の即戦力捕手を起用することになり、育成に時間のかかる高校出の捕手に構っていられる時間はなかったためである。

プロ野球、ヤクルトスワローズの選手。 右投右打、ポジションは捕手。背番号は28番*1。 1951年6月15日生まれ。宮城県仙台市出身。 打撃の際、投手に正対するように構える、独特のオープンスタンスが特徴であった。 仙台商高から1970年、ドラフト1位でヤクルトアトムズに入団。 視力の低下などもあり、長らく控えの捕手的な存在だったが、大矢明彦引退の後、正捕手を務める。 1985年に打率3割をマークしてベストナインに輝く。 若松勉、杉浦享、角富士夫らと共に1980年代のスワローズ打撃陣を支えた。 野村克也監督時代は右の代打の切り札的存在。 1993年、チームが15年ぶりの日本一に輝いたの機に、現役引退。 引退後は、野村監督の下で1994年から二軍監督。1999年から一軍打撃コーチ(ヘッド格)。 現在は一軍打撃コーチをつとめている。 捕手で実働23年は野村克也に次ぐ2位。 *1:入団より引退までの24年間。同一球団で同一選手が着用する背番号は最長である。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • プロ野球
  • 仙台
  • コーチ
  • 一塁手
  • 仙台市
  • 宮城県
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 捕手
  • 監督
  • 背番号
  • 表彰
  • 解説者
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 野球
  • 関連
  • やえがし
  • ゆきお
  • 二軍
  • 八重樫
  • 出身
  • 商業
  • 商高
  • 学校
  • 市立
  • 幸雄
  • 打者
  • 高等