誕生日データベース

小篠綾子こしのあやこ

ファッションデザイナー[日本]

1913年 6月15日

小篠 綾子(こしの あやこ、1913年(大正2年)6月15日 - 2006年(平成18年)3月26日)は、日本のファッションデザイナーである。
同じくファッションデザイナーとなったコシノ三姉妹(コシノヒロコ、コシノジュンコ、コシノミチコ)の母親としても知られる。
1913年(大正2年)に呉服屋小篠甚一と小篠ハナの長女として兵庫県加西郡西在田村若井(現在の加西市若井町/父の実家)に生まれる。
元々の姓は、小篠(オザサ)であった。
一生糸に関わる仕事に就けるように、食べ物に不自由しないように糸に麦をつけて綾子と名付けられた。
3歳になる頃、大阪府泉南郡岸和田町(現在の岸和田市)に移る。
大阪府立岸和田高等女学校(現在の大阪府立和泉高等学校)を中退後、パッチ店、紳士服店、生地店で洋裁の修業を積み、特に紳士服店の修業時に女性ダンサーのドレス製作のため、独自に立体裁断を手がけ始めた。
1934年(昭和9年)、岸和田市でミシン一台だけでコシノ洋装店を開業した。
昼は仕事を探して町中を御用聞きに回り、縫う物があれば何でも引き受け、夜を徹して仕事に励んだ。

■ 関連書籍

連想語句
  • 小篠
  • デザイナー
  • ファッション
  • コシノジュンコ
  • コシノヒロコ
  • コシノミチコ
  • デザイン
  • ハナ
  • 兵庫県
  • 加西
  • 加西市
  • 受賞
  • 回想
  • 在田
  • 書籍
  • 甚一
  • 著書
  • 西
  • 関連
  • オザサ
  • コシノ
  • 一生
  • 三姉妹
  • 元々
  • 呉服
  • 大正
  • 実家
  • 母親
  • 現在
  • 若井
  • 若井町
  • 長女