生年月日データベース

吉村裕基

プロ野球選手[日本]

1984年 6月14日

吉村裕基 - ウィキペディアより引用

吉村 裕基(よしむら ゆうき、1984年6月14日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。
プロ入り前 1984年、福岡県糟屋郡古賀町(現在の古賀市)で生まれる。
中学時代は地元の野球チーム「福岡ライナーズ」に所属。
東福岡高校時代は甲子園にも出場した。
高校通算43本塁打を記録。
2002年のドラフト会議において、横浜ベイスターズに5巡目で指名され入団。
このドラフトでは、高校の先輩にあたる日本大学の村田修一も入団している。
横浜・DeNA時代 2003年イースタン・リーグでは66試合232打数で12本塁打など5番打者として活躍。
7月13日にはフレッシュオールスターゲームに選出され7番三塁手で先発出場したが4打席で無安打1四球だった。
シーズン終盤の10月3日に一軍に昇格し、同日本拠地横浜スタジアムで行われた対中日ドラゴンズ戦に7番三塁手で先発出場し、迎えた2回の初打席で平松一宏のストレートを打ちプロ入り初安打となる二塁打を放つと直後の相川亮二のタイムリーにより先制点となるプロ初得点も記録、その後は岡本真也の押し出し四球(プロ初打点)、岩瀬仁紀の死球で4打席3出塁のデビューだった。

プロ野球選手。ポジションは内野手。背番号は31→6。 1984年6月14日生まれ、福岡県出身、右投右打。 強肩と長打力が売り物の三塁手で、2003年に高卒新人ながらプロ初出場を果たし、プロ初ホームランもかっ飛ばした。 2004年のフレッシュオールスターでもその存在をアピールし、2005年はレギュラーの座を狙う。 2006年は規定打席に到達はならなかったが打率.311、本塁打26本と大きく飛躍した年となった。 横浜ベイスターズ時代のチームメートだった村田修一は東福岡高の先輩である。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 年度
  • 成績
  • 時代
  • ソフトバンク
  • プロ
  • プロ野球
  • 内野手
  • 古賀市
  • 外野手
  • 守備
  • 打撃
  • 横浜
  • 登場
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 福岡県
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • ゆうき
  • よしむら
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 吉村
  • 所属
  • 裕基