生年月日データベース

八重樫東やえがしあきら

プロボクシング選手[日本]

1983年 2月25日

八重樫 東(やえがし あきら、1983年2月25日 - )は、日本のプロボクサー。
岩手県北上市出身。
大橋ボクシングジム所属。
拓殖大学卒業。
第23代日本ミニマム級王者。
第11代OPBF東洋太平洋ミニマム級王者。
第20代WBA世界ミニマム級王者。
第40代WBC世界フライ級王者。
第21代IBF世界ライトフライ級王者。
各団体の最上位の世界王座だけで3階級制覇を達成した、日本人初の王者。
名前は「東」と書いて「あきら」と読む。
大抵は「ひがし」あるいは「あずま」と読まれてしまうため、2011年10月の時点では、初対面の人に正しい読み方で名前を呼ばれたことがなかった。
なぜこのような読みになったかは「よくわからない」とのことで、本人はスポーツ紙の取材に対し「世界王者になったら両親に由来を聞こうと思っているが、その代わり負けたら一生聞かない」と語っている。
名前の由来は自伝「我、弱き者ゆえに 弱者による勝利のマネジメント術」にて判明。
ちなみに、血液型はO型。
2010年10月に結婚。
現在夫人との間に長男(夫人の連れ子)と長女(同年11月に誕生)がいる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロボクシング選手。大橋ジム所属。 岩手・黒沢尻工業高校でインターハイ優勝。 拓殖大学でも国体優勝。 2005年3月プロデビュー。 プロ5戦目で東洋太平洋ミニマム級王者を奪取。 2011年10月にWBAミニマム級王者を奪取。 * (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ミニマム
  • 世界
  • ボクシング
  • 王者
  • 王座
  • フライ級
  • 太平洋
  • 東洋
  • 日本
  • 獲得
  • アマチュア
  • ジム
  • プロ
  • ライト
  • 初挑戦
  • 北上市
  • 大橋
  • 拓殖大学
  • 時代
  • 転向
  • 連盟
  • 出身
  • 制覇
  • 卒業
  • 協会
  • 団体
  • 国際
  • 所属
  • 日本人
  • 最上位
  • 評議会
  • 達成