生年月日データベース

奥野誠亮おくのせいすけ

政治家[日本]

1913年 7月12日

2016年 11月16日 死去老衰享年104歳

奥野 誠亮(おくの せいすけ、1913年(大正2年)7月12日 - )は、日本の内務官僚、政治家。
「おくの せいりょう」と呼ばれることもある(有職読み)。
浪速製氷冷蔵社長、奈良県議、御所町長を務めた奥野貞治の子。
奈良県御所市出身。
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会初代会長。
平城遷都1300年記念事業協会特別顧問。
奈良大学理事。
内務官僚時代 旧制畝傍中学、旧制一高を経て、1938年(昭和13年)3月、東京帝国大学法学部を卒業し、同年4月に内務省に入省。
長崎への原爆投下がされた翌朝に、内務省が各省庁の官房長を集めて会議を開いたが、当時、同省地方局戦時業務課の事務官をしており、ポツダム宣言に「戦争犯罪人は処罰する」(第10条)と書かれていたため、戦犯を出さないように公文書の焼却(=証拠隠滅)を提案した。

■ 関連書籍

おくの-せいすけ 1913-昭和後期-平成時代の政治家。大正2年7月12日生まれ。昭和13年内務省にはいり,自治事務次官をへて38年衆議院議員(当選13回,自民党)。47年第2次田中内閣の文相となり日教組と対決,55年法相として改憲の姿勢をしめす。63年国土庁長官のとき日中戦争を肯定する発言をして辞任においこまれた。平成15年引退。衆議院議員奥野信亮の父。奈良県出身。東京帝大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 官僚
  • 時代
  • 政治家
  • 内務
  • 日本
  • みんな
  • エピソード
  • 事業
  • 参拝
  • 団体
  • 国会議員
  • 奈良大学
  • 奈良県
  • 奥野
  • 平城
  • 御所市
  • 所属
  • 有職
  • 自治
  • 著書
  • 親族
  • 記念
  • 貞治
  • 遷都
  • 靖国神社
  • おくの
  • せいりょう
  • 会長
  • 内務省
  • 冷蔵
  • 出身
  • 初代
  • 協会
  • 奈良
  • 市町村長
  • 御所
  • 浪速
  • 理事
  • 町長
  • 県議
  • 社長
  • 製氷
  • 顧問