生年月日データベース

塩野宏

法学者[日本]

1931年 6月13日

塩野 宏(しおの ひろし、1931年6月13日 - )は、日本の法学者。
専門は行政法。
東京大学名誉教授。
東京生まれ。
父・塩野直道が金沢高等師範学校教授および同校長に就任したことに伴い一時金沢市に在住。
東京大学法学部卒業後、東京大学法学部助手、助教授を経て教授。
定年退官後、成蹊大学法学部教授を経て、東亜大学通信制大学院教授。
1998年紫綬褒章受章。
1999年日本学士院会員。
2009年文化功労者。
2011年より放送文化基金理事長。
2015年文化勲章受章。
東京大学名誉教授で最高裁判所判事を務めた田中二郎に師事。
『オットー・マイヤー行政法学の構造』(有斐閣、1962年)をはじめとして多数の論文、判例評釈を執筆しており、着実かつ鋭い資料整理・分析を踏まえた堅実な理論的考察を学風とする。
その行政法理論体系の梗概は、『行政法I・II・III』(有斐閣)に示されている。
多くの立法過程に携わり、とりわけ近年、行政訴訟検討会の座長を務め、2004年の行政事件訴訟法の改正に深く関与した。

■ 関連書籍

連想語句
  • 教授
  • 法学部
  • 論文
  • 東京大学
  • 助手
  • 助教授
  • 勲章
  • 名誉教授
  • 大学院
  • 学士院
  • 成蹊大学
  • 日本
  • 東亜大学
  • 東京
  • 活動
  • 社会的
  • 著書
  • 記念
  • 金沢市
  • 門下生
  • 関連
  • 卒業
  • 在住
  • 定年
  • 政治
  • 教育
  • 法学
  • 退官
  • 通信