誕生日データベース

フィリップ・ド・ブロカPhilippe de Broca

映画監督[フランス]

1933年 3月15日

2004年 11月26日 死去享年72歳
フィリップ・ド・ブロカ (Philippe de Broca、1933年3月15日 - 2004年11月26日) はフランス、パリ生まれの映画監督。
来歴・人物 1933年3月15日、貴族出身の写真家の子息として生まれる。
高校時代からシネフィル(映画好きのフランス語における表現)であったド・ブロカは、写真・映画学校(エコール・ルイ=リュミエール École Louis-Lumière)で最初の短編映画を演出している。
卒業するとアフリカ探検隊に加わり、短編ドキュメンタリを撮ることからはじめた。
兵役年齢に達するとアルジェリア戦線の映画班に配属され、ニューズ・リポーターをつとめたあと映画界に入る。
1950年代末のフランスはヌーヴェル・ヴァーグの誕生した時代であり、ド・ブロカはクロード・シャブロルの『美しきセルジュ』(1958年)、『いとこ同志』(1959年)、『二重の鍵』(1959年) やフランソワ・トリュフォーの『大人は判ってくれない』(1959年)などヌーヴェル・ヴァーグの中心人物のもとで助監督をつとめた。

■ 映像作品

連想語句
  • 映画
  • ヌーヴェル
  • ヴァーグ
  • アルジェリア
  • クロード
  • シネ
  • シャブロル
  • トリュフォー
  • フィル
  • フランソワ
  • ブロカ
  • 写真家
  • 大人
  • 時代
  • 監督
  • 短編
  • 貴族
  • あと
  • いとこ
  • もと
  • アフリカ
  • エコール
  • ジャン
  • セルジュ
  • ドキュメンタリ
  • ニューズ
  • フランス
  • フランス語
  • リポーター
  • リュック
  • リュミエール
  • ルイ
  • 中心
  • 兵役
  • 写真
  • 出身
  • 助監督
  • 卒業
  • 同志
  • 子息
  • 学校
  • 年齢
  • 戦争
  • 戦線
  • 探検
  • 最初
  • 演出
  • 表現
  • 誕生
  • 配属
  • 高校