生年月日データベース

鈴木武蔵すずきむさし

男子サッカー選手[日本]

1994年 2月11日

鈴木 武蔵(すずき むさし、1994年2月11日 - )は、群馬県太田市出身(出生地はジャマイカ)のプロサッカー選手。
Jリーグ・アルビレックス新潟所属。
ポジションはフォワード。
ジャマイカ人の父と日本人の母を持つ。
プロ入り前 中学時代はFCおおたジュニアユースの初代団員として活躍。
桐生第一高等学校に進学後、あまりに荒削りなプレーを見かねた小林勉総監督から徹底的な基礎練習を命じられ、1年生の頃は全く公式戦に出場しなかった。
2010年、小林の「面白いやつがいるから見てみてよ」という進言により、吉武博文監督率いるU-16日本代表に選出され、国際ユースサッカーin新潟に出場。
それまでは無名の選手であったにも関わらず、3試合で3得点を挙げる大活躍を見せ、一躍注目を浴びた。
2011年、FIFA U-17ワールドカップ直前のスロバキア遠征で肋骨2本と腰椎を骨折する大怪我を負ったが、本大会を戦うU-17日本代表に選出され、計4試合に出場。

■ 関連書籍

サッカー選手。ポジションはフォワード。 1994年2月11日ジャマイカ生まれの群馬県太田市育ち。身長184cm、体重70kg。 ジャマイカ人の父と日本人の母を持つハーフ。父親譲りの身体能力とスピードが持ち味。 高校3年時には桐生第一を全国高等学校サッカー選手権大会初出場に導き、選手権初戦でハットトリックを達成するなど計4得点を挙げた。 年代別の日本代表に選出されており、2011年FIFA U-17ワールドカップに出場した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サッカー
  • プロ
  • 代表
  • クラブ
  • ファーレン
  • 個人
  • 長崎
  • 所属
  • 日本
  • アルビレックス新潟
  • エピソード
  • タイトル
  • フォワード
  • ポジション
  • リーグ
  • 成績
  • 選手
  • ジャマイカ
  • 日本人