誕生日データベース

ロドリゴ・ドゥテルテRodrigo Roa Duterte

政治家大統領[フィリピン]

1945年 3月28日

ロドリゴ・ドゥテルテ - ウィキペディアより引用

ロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Roa Duterte, 1945年3月28日 - )は、フィリピンの政治家でダバオ・デル・スル州ダバオ市の現副市長。
フィリピンのタグン市出身。
1988年にダバオ市長に選出され、1992年と1995年に改選、3期務める。
1998年にダバオ市初となる下院議員となり、2001年まで務める。
2001年に再びダバオ市長に立候補して当選し、2004年と2007年に改選され3期、合計で市長職を6期務める。
2010年の改選では自身は立候補せず、娘のサラ・ドゥテルテが立候補し当選、ロドリゴは副市長となった。
政治家として ドゥテルテの執政下では、記録的な好況を実現し、ダバオ市は相対的な平和と安定を迎えた。
市の観光局は、犯罪発生率を劇的に軽減させることに成功した「東南アジアで最も平和な都市」を標榜している。
ダバオ市はドゥテルテの容認の下で「ダバオ・デス・スクワッド(Davao death squads)」と呼ばれる組織が犯罪者を不法に殺害しているとされ、人権団体やアムネスティ・インターナショナルが批判している。

■ 関連書籍

フィリピンの政治家。フルネームはRodrigoRoaDuterte。1945年3月、フィリピン中部のレイテ島に生まれた。大学卒業後、77年より南部ミンダナオ島ダバオ地検の検事として約10年間勤務する。88年、ダバオ市長に当選し、下院議員などを挟み通算7期22年間務めた。その間、強硬な治安対策を行い、国内最悪だった同市の治安を劇的に回復させた。一方で人権団体などは、同氏がこの期間に「ダバオ処刑団」と呼ばれる自警団を率い犯罪組織のメンバーなど多数を超法規的に殺害したと指摘している。2016年には大統領選に名乗りをあげ、「大統領になったら犯罪者を10万人は処刑する」など過激な発言を繰り返したため、同年アメリカ大統領選挙に出馬し強硬な発言を行ったドナルド・トランプになぞらえ「フィリピンのトランプ」とも呼ばれる。フィリピン大統領選は16年5月9日に投開票され、ドゥテルテは2位以下を大きく引き離して勝利し、6月30日に大統領に就任する。 (2016-5-12) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 関係
  • ダバオ
  • フィリピン
  • 大統領
  • 市長
  • 閣僚
  • フェルディナンド
  • マルコス
  • レイテ島
  • 出典
  • 北朝鮮
  • 名簿
  • 問題
  • 対中
  • 対米
  • 指令
  • 政治家
  • 殺人
  • 父親
  • 独裁者
  • 関連
  • シン
  • マア
  • 出身
  • 同国
  • 学校
  • 家庭
  • 幼少時
  • 政権
  • 教師
  • 法律家