誕生日データベース

綿貫民輔わたぬきたみすけ

政治家、自民党→国民新党[日本]

1927年 4月30日

綿貫 民輔(わたぬき たみすけ、1927年4月30日 - )は、日本の実業家、政治家である。
慶應義塾評議員。
勲章は桐花大綬章。
衆議院議長(第70代)、自由民主党幹事長(第28代)、建設大臣(第55代)、国土庁長官(第15代)、北海道開発庁長官(第49代)、沖縄開発庁長官(第18代)、国民新党代表(初代)、衆議院議員(13期)、富山県議会議員(2期)等を歴任した。
日本バドミントン協会会長。
父・綿貫佐民も衆議院議員を務めた。
生い立ち 富山県東砺波郡井波町(現南砺市)生まれ。
生家は代々井波八幡宮(富山県南砺市井波)の宮司を務めており、綿貫自身も15代目にあたる神職である。
旧制砺波中学校(現富山県立砺波高等学校)卒業後、藤原工業大学予科に入学。
予科在学中、藤原工業大は慶應義塾大学に吸収合併されたが、綿貫が在籍していた冶金科が戦災により廃止されたため、慶應義塾大学経済学部へ移り、卒業。
大学卒業後、鐘ヶ淵紡績(のちのカネボウ)入社。
1955年、28歳で砺波運輸(現トナミ運輸)代表取締役社長に就任。

■ 関連書籍

わたぬき-たみすけ 1927-昭和後期-平成時代の政治家。昭和2年4月30日生まれ。トナミ運輸社長,富山県会議員をへて,昭和44年衆議院議員に初当選(当選13回)。61年第3次中曾根内閣の国土庁長官兼北海道・沖縄開発庁長官,平成2年第2次海部内閣の建設相,3年自民党幹事長をつとめる。12年衆議院議長に就任。17年郵政民営化法案に反対し,自民党をはなれ,国民新党をたちあげ代表につく。21年総選挙で落選。富山県出身。慶大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 衆議院
  • 内閣
  • 協会
  • 国民
  • 新党
  • 自由民主党
  • 議員
  • 長官
  • 中曽根
  • バドミントン
  • 会長
  • 全国
  • 勲章
  • 北海道開発庁
  • 国土庁
  • 大綬章
  • 大臣
  • 富山
  • 幹事
  • 建設
  • 慶應義塾
  • 政界
  • 日本
  • 桐花
  • 沖縄開発庁
  • 治水
  • 県議会
  • 砂防
  • 綿貫佐民
  • 評議員
  • 議長
  • 代表
  • 初代
  • 振興
  • 歴代
  • 歴任
  • 沖縄
  • 海部