生年月日データベース

綿貫民輔わたぬきたみすけ

政治家、自民党→国民新党[日本]

1927年 4月30日 生 (満91歳)

綿貫 民輔(わたぬき たみすけ、1927年4月30日 - )は、日本の実業家、政治家である。
慶應義塾評議員。
勲章は桐花大綬章。
衆議院議長(第70代)、自由民主党幹事長(第28代)、建設大臣(第55代)、国土庁長官(第15代)、北海道開発庁長官(第49代)、沖縄開発庁長官(第18代)、国民新党代表(初代)、衆議院議員(13期)、富山県議会議員(2期)等を歴任した。
日本バドミントン協会会長。
父・綿貫佐民も衆議院議員を務めた。
生い立ち 富山県東砺波郡井波町(現南砺市)生まれ。
生家は代々井波八幡宮(富山県南砺市井波)の宮司を務めており、綿貫自身も15代目にあたる神職である。
旧制砺波中学校(現富山県立砺波高等学校)卒業後、藤原工業大学予科に入学。
予科在学中、藤原工業大は慶應義塾大学に吸収合併されたが、綿貫が在籍していた冶金科が戦災により廃止されたため、慶應義塾大学経済学部へ移り、卒業。
大学卒業後、鐘ヶ淵紡績(のちのカネボウ)入社。
1955年、28歳で砺波運輸(現トナミ運輸)代表取締役社長に就任。

■ 関連書籍

政治家。国民新党最高顧問 前代表 元衆議院議長、前衆議院議員 元自由民主党(自民党員)旧橋本派 元富山3区選出 2005年8月17日に自民党を離党し亀井静香元政調会長らと国民新党を立ち上げ、党代表に就任。 2009年8月30日の衆議院選挙の結果、落選。2009年8月31日、国民新党の最高顧問となる。 長男の綿貫勝介氏はトナミ運輸(本社・富山県高岡市)の社長を務める。 神主でもある。それにも関わらず、トナミ運輸で内部告発者の串岡さんを30年間飼い殺しヤクザを使っての串岡さんを脅した過去がある。 トナミ運輸の郵パック長距離輸送の仕事を守ろうとし郵政民営化反対。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 衆議院
  • 内閣
  • 協会
  • 議員
  • 長官
  • 中曽根
  • 自由民主党
  • バドミントン
  • 会長
  • 全国
  • 勲章
  • 北海道開発庁
  • 国土庁
  • 国民
  • 大綬章
  • 大臣
  • 富山
  • 幹事
  • 建設
  • 慶應義塾
  • 政界
  • 新党
  • 日本
  • 桐花
  • 沖縄開発庁
  • 治水
  • 県議会
  • 砂防
  • 綿貫佐民
  • 評議員
  • 議長
  • 代表
  • 初代
  • 振興
  • 歴代
  • 歴任
  • 沖縄
  • 海部
  • 自由