誕生日データベース

山内久やまのうちひさし

脚本家[日本]

1925年 4月29日

2015年 9月29日 死去老衰享年91歳
山内 久(やまのうち ひさし、1925年4月29日 - 2015年9月29日)は東京府〈現・東京都〉出身の脚本家。
父は弁士の山野一郎(本名:山内幸一)、兄は俳優の山内明、弟は作曲家の山内正、妻は脚本家の野田高梧の娘で脚本家の立原りゅうである。
作曲家の小杉太一郎は義弟(妹の夫)、エッセイストの山内美郷は姪(兄の子)にあたる。
脚本を担当した「幕末太陽伝」(日活、1957年)の公開時はまだ松竹に在籍していたため、「田中啓一」というペンネームを使用しており、「盗まれた欲情」「果しなき欲望」(共に日活、1958年)の際には「鈴木敏郎」というペンネームを使用している。
1950年に東京外国語大学卒業後、松竹大船撮影所脚本部に入社。
1959年に松竹を退社し、フリーとなる。
1990年紫綬褒章受章。
1991年、日本シナリオ作家協会理事長となる( - 1997年)。
2001年 - 2005年に再任。
2015年9月29日、老衰のため死去。
90歳没。
主な脚本作品 テレビドラマ 「若者たち」(フジテレビ、1967年) 「なかよし」(フジテレビ、1967年-1968年) 「みつめいたり」(フジテレビ、1968年) 「かあさんの明日」(フジテレビ、1974年) 「堂々たる打算」(NHK、1976年) 「素直な戦士たち」(NHK、1979年) 「復活」(NHK、1981年) 「街・若者たちは今」(NHK、1982年) 「街~美ら島は、今」(NHK、1983年) 「生きる」(テレビ朝日、1981年) 「うまい話あり」(NHK、1986年) 「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」(NHK、1990年) 「新・半七捕物帳」(NHK、1997年)ほか 映画 「花のおもかげ」(松竹、1950年) 「離婚結婚」(松竹、1951年) 「この春初恋あり」(松竹、1952年) 「夏子の冒険」(松竹、1953年) 「ひばりの悲しき瞳」(松竹、1953年) 「裸形家族」(松竹、1954年) 「俺は死なない」(松竹、1 ……

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    ありがとう
    歌手
    発売元
    日本伝統文化振興財団
    発売日
    2003年11月05日
    新品価格
    ¥ 1,155 より
    中古商品
    より

「山内久」と関連する人物

連想語句
  • 作曲家
  • 脚本
  • 脚本家
  • 山内
  • 日活
  • エッセイスト
  • テレビドラマ
  • ペンネーム
  • 一郎
  • 作品
  • 使用
  • 俳優
  • 太陽
  • 小杉太一郎
  • 山内正
  • 山内美郷
  • 山野
  • 幕末
  • 弁士
  • 映画
  • 松竹
  • 欲情
  • 欲望
  • 立原
  • 著書
  • 野田高梧
  • 公開
  • 在籍
  • 幸一
  • 担当
  • 本名
  • 田中啓一
  • 義弟
  • 鈴木敏郎