誕生日データベース

川添登かわぞえのぼる

建築評論家[日本]

1926年 2月23日

2015年 7月9日 死去肺炎享年90歳

川添 登(かわぞえ のぼる、1926年2月23日 - 2015年7月9日)は日本の建築評論家。
来歴・人物 東京都出身。
早稲田大学理工学部建築学科卒業。
『新建築』の編集長を務めていたが、1957年の新建築問題(誌上で村野藤吾の有楽町そごうを批評したことに社長が激怒し、編集部員全員が解雇された)で退職。
以後、建築評論から民俗学に至る分野で活躍している。
黒川紀章らのメタボリズムに参加したほか、林雄二郎をはじめ、親交ある梅棹忠夫、加藤秀俊、小松左京と「貝喰う会」こと日本未来学会を発足し、1970年に開幕した日本万国博覧会に尽力した。
1972年に日本生活学会を創設し、会長・理事長などを務めた。
また、加藤秀俊などとともに自身も設立に加わったシンクタンクのCDI(コミュニケーションデザイン研究所)所長も務めた。
2015年7月9日、肺炎のため死去。
89歳没。
受賞 1960年、『民と神の住まい』により毎日出版文化賞。
1982年、『生活学の提唱』により今和次郎賞。
1997年、南方熊楠賞。
著作 単著 『現代建築を創るもの』彰国社 1958 『民と神の住まい 大いなる古代日本』光文社[カッパ・ブックス] 1960 のち講談社学術文庫 1979 『メタボリズム』美術出版社 1960 『建築の滅亡』現代思潮社 1960 『デザインとは何か』角川新書 1961 のち角川選書 1971 『日本の塔』淡交新社 1964 『都市と文明 古代から未来まで』雪華社 1965 『日本文化と建築』彰国社 1965 『現代都市と建築』三一書房 1965 『現代のデザイン』三一書房 1966 『都市と建築』日本放送出版協会 1967 『建築家・人と作品』上下 井上書院[井上新書] 1968 『移動空間論』鹿島研究所出版会SD選書] 1968 『黒潮の流れの中で』筑摩書房 1969 『建築と伝統』彰国社 1971 『川添登評論集』全5巻 産業能率短期大学出版部 1976 『東 ……

■ 関連書籍

かわぞえ-のぼる 1926-2015昭和後期-平成時代の建築評論家。大正15年2月23日生まれ。昭和28年新建築社にはいり,月刊誌「新建築」編集長をつとめる。32年独立。伝統論争の契機をつくり,菊竹清訓らとメタボリズム・グループを結成。47年日本生活学会を設立し,理事長。62年郡山女子大教授。平成9年南方熊楠(みなかた-くまぐす)賞。CDI(CommunicationDesignInstitute)相談役。平成27年7月9日死去。89歳。東京出身。早大卒。著作に「民と神のすまい」「東京の原風景」「今和次郎」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 建築
  • メタボリズム
  • 共編
  • 共著
  • 加藤秀俊
  • 単著
  • 受賞
  • 学科
  • 学部
  • 早稲田大学
  • 村野藤吾
  • 東京都
  • 林雄二郎
  • 梅棹忠夫
  • 理工
  • 編著
  • 著作
  • 関連書
  • 黒川紀章
  • そごう
  • 以後
  • 会館
  • 全員
  • 出身
  • 分野
  • 卒業
  • 参加
  • 問題
  • 批評
  • 有楽町
  • 民俗学
  • 活躍
  • 激怒
  • 社長
  • 編集長
  • 親交
  • 解雇
  • 評論
  • 誌上
  • 読売
  • 退職
  • 部員