誕生日データベース

入船亭扇橋いりふねていせんきょう

落語家・9代目[日本]

(東京やなぎ句会宗匠)

1931年 5月29日

2015年 7月10日 死去呼吸不全享年85歳

入船亭 扇橋(いりふねてい せんきょう)は、落語家の名跡。
9代目が2015年に死去し、以降は空き名跡。
初代から7代目まで船遊亭 扇橋(せんゆうてい せんきょう) と名乗っており、系統から代々「音曲噺」「都々逸」を得意としていた。
8代目から系統が変わり亭号も入船亭とした。
初代扇橋を祖とする一門は扇派と呼ばれ、春風亭や柳家などのいわゆる柳派もこの一門から派生している。
初代 初代船遊亭 扇橋(生年月日不詳 - 文政12年4月13日(1829年5月15日))は、落語家。
俗称は鉄五郎。
初代三笑亭可楽の弟子で、いわゆる「可楽十哲」の一人。
音曲噺の祖である。
生まれは奥平家家臣の武家であった。
芸人としては初めは常盤津の太夫になり3代目常磐津兼太夫の門下で2代目常磐津若太夫と名乗っていたという。
文化6年(1809年)に初めて寄席に出たというが、この時から可楽門下で船遊亭扇橋と名乗っていたかどうかは明らかではないが、扇橋以外の名を名乗ったという記録は残っていない。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

落語家の名跡。初代から七代目までは船遊亭扇橋を名乗っていた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 初代
  • 関連
  • 一門
  • 作品
  • 弟子
  • 扇橋
  • 書籍
  • 著書
  • 都々逸
  • 亭号
  • 入船亭
  • 得意
  • 春風亭
  • 柳家
  • 派生
  • 系統
  • 船遊
  • 音曲