生年月日データベース

松下竜一まつしたりゅういち

ノンフィクション作家[日本]

1937年 2月15日

2004年 6月17日 死去享年68歳

松下 竜一(まつした りゅういち、1937年(昭和11年)2月15日 - 2004年(平成16年)6月17日 )は、日本の小説家、歌人。
大分県中津市出身。
大分県立中津北高等学校卒業。
主要な作品は、ノンフィクション。
よく取り上げられるテーマは、時流に屈することなく生きた誇り高き人々。
初期の代表作は、『豆腐屋の四季』。

1937年2月15日、大分県中津市で誕生。
生後まもなく肺炎で危篤状態になる。
高熱により右目を失明。
結核療養のため四年かかって高校卒業後の浪人中、1956年5月8日母(46歳)が急逝、ために進学を断念し、父親の豆腐屋を手伝い始める。
豆腐の配達で吉富町の小さな雑貨店の女主人とその娘(のちの義母と妻)と知り合う。

朝日新聞の短歌欄に投稿し、句集『豆腐屋の四季』を自家出版。
地方の青年のやるせない気持ちを綴った句集は評判を呼び翌年1969年4月に公刊、ドラマ化もされた。
1970年7月9日、豆腐屋を廃業。
初のノンフィクション(ルポルタージュ)作品である『風成の女たち』ではセメント工場誘致に反対する女性たちの活躍に力点を置いたために、反対運動の中心的人物だったという男性から抗議(絶版要求)を受けショックを受ける。
自らの反公害・反開発運動を基にした『暗闇の思想を』を記し、隔離されたハンセン病患者の詩人伊藤保の評伝『檜の山のうたびと』、山林地主・室原知幸を中心に下筌ダム反対運動を書いた『砦に拠る』など骨太のノンフィクション作品を発表。
その一方で、自らの息子に読ませるつもりで、児童文学も手がけるなど幅の広い著作活動を行う。

■ 関連書籍

作家(1937-2004)。 センセイさようなら。 みなさんさようなら。 2004年6月17日死去。享年67歳。 (引用元 Hatena Keyword)

「松下竜一」と関連する人物

連想語句
  • 作品
  • 中津市
  • 大分県
  • エピソード
  • テレビドラマ
  • 中津
  • 全集
  • 北高
  • 卒業
  • 四季
  • 大分
  • 学校
  • 小説家
  • 提供
  • 日本
  • 書籍
  • 歌人
  • 県立
  • 結核
  • 舞台
  • 豆腐
  • 関連
  • ルポルタージュ
  • 主要
  • 代表作
  • 出身
  • 初期
  • 危篤
  • 右目
  • 失明
  • 急逝
  • 文学
  • 浪人
  • 状態
  • 生後
  • 療養
  • 肺炎
  • 記録
  • 誕生
  • 進学
  • 高校
  • 高熱