誕生日データベース

李健熙イ・ゴンヒ

サムスングループ会長[韓国]

1942年 1月9日

李健熙 - ウィキペディアより引用

李 健煕(イ・ゴンヒ、이건희、1942年1月9日 - )は、大韓民国の実業家。
サムスン電子の会長。
サムスングループを創業した李秉喆の三男。
慶尚南道宜寧郡出身。
血液型はAB型。
本館は、慶州李氏。
1993年、ドイツのフランクフルトにおいて「妻と子以外はすべて変えよう」をスローガンに新経営方針を提唱した。
1997年、全斗煥・盧泰愚両元大統領への贈賄事件で逮捕される。
裁判で有罪となるも赦免された。
2004年、フランス政府よりレジオンドヌール勲章コマンドゥールを授与される。
2006年3月時点で、『フォーブス誌』によると、李健煕一家の財産は約66億ドルで、世界で82位。
韓国人で唯一100位以内に入る。
2008年1月、自宅とサムスン本社が借名口座による政界や法曹界への不正資金提供疑惑で韓国当局から強制捜査を受ける。
同年4月22日、借名口座による1000億ウォン台の脱税疑惑に関するサムスングループに対する韓国特別検察官の捜査が終結したのを機に経営刷新案を発表、自らも辞任した。

■ 関連書籍

(イ・ゴンヒ?、1942年1月9日 - ) 大韓民国の実業家。サムスン電子の会長。サムスングループを創業した李秉竽?の三男。慶尚南道宜寧郡出身。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • グループ
  • サムスン
  • 会長
  • サッカリン
  • 家族
  • 慶尚南道
  • 朴正煕
  • 著作
  • 電子
  • チョル
  • 三男
  • 事件
  • 他言語
  • 出身
  • 創業
  • 執筆
  • 密輸
  • 当時
  • 復帰
  • 慶州
  • 新規
  • 本貫
  • 李氏
  • 株式会社
  • 次男
  • 父親
  • 経営
  • 翻訳
  • 肥料
  • 辞任
  • 長男
  • 関与
  • 韓国
  • 韓国語版