誕生日データベース

小堀鞆音

日本画家[日本]

(文久4年2月19日生)

1864年 3月26日

1931年 10月1日 死去享年68歳
小堀 鞆音(こぼり ともと、文久4年2月19日(1864年3月26日) - 昭和6年(1931年)10月1日)は、日本画家、故実家。
下野国安蘇郡旗川村小中村(現・栃木県佐野市)で、農業を営む須藤惣兵衛の三男として生まれた。
本名は桂三郎。
父惣兵衛は、農業のかたわら晏齋と号し、近隣から幟の武者絵なども依頼された。
長兄の勝三は長じて桂雲と号し、南画系の山水画を描いた。
15歳頃から父や兄から画事を学ぶ。
初めは狩野派を学び、次いで歴史人物画から大和絵にすすむ。
同時期、私塾で国学・漢学を学んだ。
1884年、川崎千虎に土佐派の絵と有職故実を学ぶ。
1889年、日本青年絵画協会に参加、1894年、日本絵画協会に参加する。
1895年、東京美術学校助教授となるが、1896年、日本美術院創立に加わり正員となり、美校を退職。
のち日本美術協会に出品、文展では第1回より審査員となる。
1908年、東京美術学校に教授として復帰。
1917年6月11日、帝室技芸員、1919年、帝国美術院会員。
1929年、国宝保存会医院となる。
1930年、勲三等瑞宝章を受章。
1931年、腫瘍のため死去。

■ 関連書籍

連想語句
  • 下野
  • 代表作
  • 佐野市
  • 千虎
  • 南画
  • 国学
  • 土佐
  • 大和絵
  • 学校
  • 安蘇郡
  • 山水画
  • 川崎
  • 帝室
  • 惣兵衛
  • 技芸
  • 文展
  • 旗川
  • 日本
  • 書籍
  • 東京美術
  • 栃木県
  • 武者絵
  • 漢学
  • 狩野
  • 画家
  • 著書
  • 農業
  • 関係
  • かたわら
  • 三男
  • 三郎
  • 人物画
  • 依頼
  • 初め
  • 助教授
  • 勝三
  • 実家
  • 審査
  • 小中村
  • 時期
  • 本名
  • 歴史
  • 私塾
  • 近隣
  • 長兄
  • 須藤