生年月日データベース

田中徳三たなかとくぞう

映画監督[日本]

1920年 9月15日

2007年 12月20日 死去脳出血享年88歳

田中 徳三(たなか とくぞう、1920年9月15日 - 2007年12月20日)は、日本の映画監督である。
関西学院大学文学部卒業。
大阪市東区(現・中央区)船場出身。
生涯 1920年9月15日、大阪市東区(現・中央区)船場に生まれる。
関西学院大学文学部在学中に徴兵(大学は繰り上げ卒業)され、スマトラ島で終戦を迎えた。
1年間捕虜生活を送った後、1946年に帰国、1948年、朝日新聞記者だった兄の勧めで助監督として大映京都撮影所に入社。
溝口健二、市川崑、吉村公三郎、伊藤大輔、森一生らの下でチーフ助監督を務めた後、1958年に『化け猫御用だ』で監督デビュー。
この時、市川崑が新人監督のために台本を書いていることを知った田中は自分に回ってくることを期待したが回ってきたのが『化け猫御用だ』と知り、落胆したという。
その後勝新太郎主演の「悪名」シリーズ、市川雷蔵主演の「眠狂四郎」シリーズ(市川雷蔵主演の『眠狂四郎』を企画したのは田中である)、田宮二郎主演の「犬」シリーズなどの人気作のメガホンを取った。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    座頭市物語 DVD-BOX
    歌手
    発売元
    ユニバーサルミュージック
    発売日
    2007年1月17日
    新品価格
    ¥ 118,000 より
    中古商品
    ¥ 37,500 より

たなか-とくぞう 1920-2007昭和後期-平成時代の映画監督。大正9年9月15日生まれ。昭和23年大映に入社,33年「化け猫御用だ」で監督デビュー。「悪名」「座頭市」「眠狂四郎」「兵隊やくざ」などを演出し,人気シリーズの監督陣にくわわる。のち「鬼平犯科帳」「遠山の金さん」「三匹が斬る」などテレビの時代劇シリーズを演出。平成19年12月20日死去。87歳。大阪出身。関西学院大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大阪市
  • 生涯
  • 中央区
  • 文学部
  • 東区
  • 船場
  • 関西学院大学
  • スマトラ島
  • テレビドラマ
  • 代表作
  • 卒業
  • 映画
  • 関連
  • 出身
  • 在学
  • 大学
  • 帰国
  • 徴兵
  • 捕虜
  • 生活
  • 終戦