生年月日データベース

小倉純二おぐらじゅんじ

日本サッカー協会第12代会長[日本]

1938年 8月14日

小倉 純二(おぐら じゅんじ、1938年8月14日 - )は日本サッカー協会(JFA)第12代会長。
日本サッカー界の国際的な渉外活動を長年にわたり引き受ける。
又プレーヤーとしての経験が皆無でありながらも日本サッカー協会の首脳部入りした異色の経歴も持つ。
2002年から2011年まで国際サッカー連盟(FIFA)理事及びアジアサッカー連盟(AFC)理事を務めた。
1938年 - 東京都杉並区生まれ、東京都立西高等学校卒業。
1962年 - 早稲田大学第一政治経済学部卒業。
1962年 - 古河電工入社 当時古河電工の社宅は三ツ沢公園球技場のまん前にあった。
そこから三ツ沢で練習しているサッカー部を見ているうちに次第に興味を持ち始め、サッカー部の運営を手伝うようになった。
小倉はサッカーで入社した他の日本サッカーリーグ、日本サッカー協会のスタッフよりも事務的な経験が多かったため、財務委員などの仕事を任された。
1981年 - 古河電工ロンドン支社に転勤になると国際委員として活動した。
小倉が「国際派」となるのは、当時日本サッカー協会の専務理事だった長沼健に「日本サッカー協会国際委員(在ロンドン)」と書かれた名刺を渡されてからである。

■ 関連書籍

日本サッカー協会(JFA)名誉会長。日本サッカー協会第12代会長。 1938年8月14日生まれ。東京都出身。早稲田大学卒。 1962年、古河電気工業に入社。古河電気工業サッカー部の運営を手伝い、財務委員などを任された。 1981年、ロンドン支社に転勤。国際委員として活動。当時のキリンカップでヨーロッパのクラブチームを日本に招待。 1991年、JR東日本に共同出資によるクラブ運営を打診し、東日本JR古河サッカークラブ(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)としてJリーグに参加を促し、古河電工を退社。 1994年、アジアサッカー連盟(AFC)理事に就任。FIFAワールドカップ2002年大会の招致活動に尽力。 2002年、国際サッカー連盟(FIFA)理事に就任。日本サッカー協会専務理事から副会長に昇進。 2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会では、マッチコミッショナーを務めた。 2008年、東アジアサッカー連盟(EAFF)会長に就任。 2010年7月、犬飼基昭の後を受け、日本サッカー協会第12代会長に就任。 2011年、定年により、FIFA理事及びAFC理事を退任。 2012年6月、定年により、日本サッカー協会会長を退任し、名誉会長に就任。後任のJFA会長は大仁邦彌。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サッカー
  • 連盟
  • サッカー部
  • 三ツ沢
  • アジア
  • エピソード
  • リーグ
  • 入社
  • 公園
  • 卒業
  • 古河電工
  • 古河電気工業
  • 国際
  • 学校
  • 学部
  • 政治
  • 日本
  • 日本サッカー協会
  • 早稲田大学
  • 杉並区
  • 東京
  • 東京都
  • 球技
  • 理事
  • 経済
  • 著作
  • 西高
  • 都立
  • そこ
  • まん前
  • スタッフ
  • 小倉
  • 当時
  • 異色
  • 社宅
  • 経験
  • 練習
  • 興味
  • 運営
  • 首脳