生年月日データベース

安西篤子あんざいあつこ

作家[日本]

1927年 8月11日 生 (満91歳)

安西 篤子(あんざい あつこ、1927年8月11日 - )は、日本の小説家。
神戸市須磨区村雨町生まれ。
父は福島県出身で横浜正金銀行に勤務した安西政一郎。
母は東京都の出身。
幼少時父の勤務でドイツ、中国に住まい、青島高等女学校をへて、1945年神奈川県立横浜第一高等女学校(現・神奈川県立横浜平沼高等学校)卒。
46年冨中暁と結婚、長女、長男を儲ける。
1953年中山義秀に師事して小説を書き始め、65年『張少子の話』で直木賞。
72年離婚。
91年十数年連れ添った伴侶を失う。
93年『黒鳥』で女流文学賞を受賞した。
(『女流作家シリーズ』角川書店) 受賞歴 1964年 『張少子の話』で第52回直木賞 1993年 『黒鳥』で第32回女流文学賞 1994年 神奈川文化賞 著作 『張少子の話』文藝春秋新社 1965 恋愛ミニ講座 山梨シルクセンター出版部 1970 「愛のミニ講座」集英社文庫 一生を利口な嫁で過ごすために わがまま気ままなお嬢さん読本 日本文芸社 1973 愛 愛しかた愛されかた ロングセラーズ 1974 銀の橋 旺文社 1976 『女人紋様』読売新聞社 1976 - のち旺文社文庫 1984 『東京』保育社 1976 『東京歴史散策』保育社カラーブックス,1976 『幸せ色の夜明け』集英社文庫コバルトシリーズ、1978 『悲愁中宮』読売新聞社 1978 のち集英社文庫 『千姫微笑』講談社 1979 - のち文庫 『泣かない女』家の光協会 1979 『女ありて』構想社 1979/千人社 1979 戦国夢幻 読売新聞社 1979 『歴史に抗う女たち』読売新聞社 1981 『愛染灯籠』講談社 1981 - のち文庫「愛の灯籠」1985 『似たひと』かまくら春秋社 1981 「古都のひと」集英社文庫 『淀殿 物語と史蹟をたずねて』成美堂出版 1981 のち文庫  ひとりでも幸福か 海竜社 1981 『卑弥呼狂乱』 光風社出版 1982 のち光文社文庫 『女の東京地図』 文化出版局 ……

■ 関連書籍

日本の女性小説家。1927年8月11日生まれ。 直木賞などを受賞している。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 受賞歴
  • 女流
  • 横浜
  • 文学
  • 神奈川
  • 著作
  • 高等
  • 県立
  • 中山
  • 共著
  • 出身
  • 勤務
  • 女学校
  • 学校
  • 少子
  • 平沼
  • 東京都
  • 正金
  • 直木三十五
  • 直木賞
  • 福島県
  • 義秀
  • 銀行
  • 黒鳥
  • シリーズ
  • ドイツ
  • 中国
  • 伴侶
  • 作家
  • 冨中
  • 十数年
  • 受賞
  • 安西
  • 小説
  • 師事
  • 幼少時
  • 政一郎
  • 文化
  • 結婚
  • 角川書店
  • 長女
  • 長男
  • 離婚
  • 青島