生年月日データベース

藤原弘達ふじわらひろたつ

政治評論家[日本]

1921年 7月31日

藤原弘達 - ウィキペディアより引用

藤原 弘達(ふじわら ひろたつ、1921年〈大正10年〉7月31日 - 1999年〈平成11年〉3月3日)は、日本の政治学者、評論家。
広島県尾道市生まれ。
「ふじわら こうたつ」と呼ばれることが多い。
福山誠之館中学、第六高等学校を経て、1945年(昭和20年)、東京大学法学部を卒業(政治学博士)。
東京大学では、丸山眞男に師事。
明治大学教授を務めた後政治評論家となり、きわめて攻撃的な独自の右翼的政治論評で一世を風靡した。
来歴・人物 テレビ界での活動 TBSの『時事放談』で細川隆元とホストを務めた他、同局のニュースショー『JNNニュースコープ』で金曜日と土曜日のメインを務めた。
又、企業のトップをゲストに招いてゴルフを交えた対談番組『藤原弘達のグリーン放談』(テレビ東京)の司会もしていた。
晩年は、フジテレビの『たけし・逸見の平成教育委員会』に放映開始時から数回出演。
「たけし落とし」を最初に獲得した「生徒」であり、同番組の第1回の最優秀優等生でもある。
またラジオでは、TBSラジオで平日午前7時から放送されていた「サラリーマンニュースショー・朝のファンファーレ」のニュース・パーソナリティーを長く務め、番組冒頭では「おはよう!!サラリーマン諸君!!今朝のニュースパーソナリティーは藤原弘達です」と言うのが定番だった。

■ 関連書籍

1921年〜1999年 政治学者、評論家。広島県尾道市生まれ。 1945年、東京大学法学部を卒業。明治大学教授を歴任。政治学博士。「ふじわら こうたつ」とも呼ばれることもある。 1969年11月、創価学会と公明党の政教一致などを批判する『創価学会を斬る』を出版。創価学会と公明党は、この書籍の内容は「事実無根」として、出版以前から出版社・取次会社・書店などに圧力をかけた(いわゆる「言論・出版妨害事件」)。 テレビ界でも活躍し、TBSの『時事放談』で細川隆元とホストを務めた他、1962年10月にスタートした同局のニュースショー『JNNニュースコープ』で金曜日と土曜日(1965年からスタートされた日曜版も含む)のメインを務めていた。又、企業のトップをゲストに招いてゴルフを交えた対談番組『藤原弘達のグリーン放談』(テレビ東京)の司会としてもされていた。 晩年は、フジテレビの『平成教育委員会』に数回出演。「たけし落とし」を最初に獲得した「生徒」である。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 政治
  • 東京大学
  • 学校
  • 評論家
  • 高等
  • テレビ
  • 丸山眞男
  • 公明党
  • 出典
  • 創価学会
  • 博士
  • 大学
  • 学者
  • 尾道市
  • 広島県
  • 批判
  • 日本
  • 明治
  • 昭和
  • 法学部
  • 活動
  • 福山
  • 誠之館
  • ふじわら
  • 一世
  • 中学
  • 卒業
  • 大学院
  • 師事
  • 広島
  • 教授
  • 旧制
  • 法学
  • 県立
  • 著作
  • 論評
  • 風靡