生年月日データベース

田中和仁たなかかずひと

体操選手[日本]

1985年 5月16日

田中 和仁(たなか かずひと、1985年5月16日- )は、日本の体操選手。
和歌山県出身。
身長166cm。
体重56kg。
和歌山県立和歌山北高等学校、日本大学卒業。
徳洲会体操クラブ所属。
妹の田中理恵(日本体育大学研究員)、弟の田中佑典(順天堂大学~コナミ所属)も同じ体操選手である。
得意種目は平行棒。
両親が体操選手だったことや、父親が指導者だったため競技の道に進む。
2003年、高校生ながらボローニンカップのシニアの部に出場し、ロシアのアレクセイ・ネモフらと競い、種目別の鉄棒で3位入賞を果たす。
2007年、ユニバーシアード団体の金メダル獲得に大きく貢献した。
2009年、全日本選手権男子個人総合で2位入賞を果たすと、NHK杯でも男子個人総合で2位入賞し、世界選手権代表に初めて選出された。
同年10月、ロンドン(英国)で行われた世界選手権の個人種目別決勝の平行棒で銅メダルを獲得。
個人総合でも4位と健闘した。
2010年6月、NHK杯で4位入賞を果たし、前年に続いての世界選手権代表入りを果たす。

■ 関連書籍

たなか-かずひと 1985-平成時代の体操選手。昭和60年5月16日生まれ。平成19年全日本選手権の個人総合で2位,NHK杯の個人総合で6位。同年ユニバーシアードの団体総合で金メダル。20年全日本選手権の個人総合2位,平行棒1位。21年世界選手権の個人総合4位,平行棒で銅メダル。23年世界選手権代表となり,団体総合での銀メダル獲得に貢献。得意種目は平行棒。24年全日本選手権の個人総合7位,NHK杯の個人総合5位となり,妹・田中理恵,弟・田中佑典とともにロンドン五輪代表となり,団体で銀メダル,跳馬で左足甲を剥離骨折した山室光史にかわって出場した個人総合で6位に入賞。徳洲会体操クラブ所属。和歌山県出身。日大卒。 (引用元 コトバンク)

「田中和仁」と関連する人物

連想語句
  • 体操
  • 個人
  • 入賞
  • 和歌山
  • 選手権
  • 世界選手権
  • 平行棒
  • 種目
  • 競技
  • 総合
  • 選手
  • アレクセイ
  • コナミ
  • ネモフ
  • ユニバーシアード
  • ロシア
  • ロンドン
  • 代表
  • 佑典
  • 全日本
  • 北高
  • 学校
  • 徳洲会
  • 所属
  • 日本体育大学
  • 日本大学
  • 獲得
  • 田中
  • 田中理恵
  • 男子
  • 県立
  • 順天堂大学
  • イギリス
  • カップ
  • クラブ
  • シニア
  • ニン
  • ボロー
  • 世界
  • 両親
  • 健闘
  • 出場
  • 前年
  • 卒業
  • 同年
  • 団体
  • 大会
  • 得意
  • 指導者
  • 決勝
  • 父親
  • 英国
  • 貢献
  • 選出
  • 金メダル
  • 鉄棒
  • 銅メダル
  • 高校生