生年月日データベース

橋本龍太郎はしもとりゅうたろう

政治家内閣総理大臣[日本]

1937年 7月29日

2006年 7月1日 死去享年70歳
橋本龍太郎 - ウィキペディアより引用

橋本 龍太郎(はしもと りゅうたろう、1937年(昭和12年)7月29日 - 2006年(平成18年)7月1日)は、日本の政治家、登山家。
位階は正二位。
勲等は大勲位。
学位は政治学士(慶應義塾大学)。
岡山県総社市名誉市民。
剣道錬士六段。
衆議院議員(14期)、厚生大臣(第57代)、運輸大臣(第58代)、大蔵大臣(第93・94・103代)、通商産業大臣(第59代)、副総理、内閣総理大臣(第82・83代)、沖縄開発庁長官(第42代)、沖縄及び北方対策担当大臣、規制改革担当大臣、自由民主党幹事長、自由民主党政務調査会長、自由民主党総裁(第17代)などを歴任した。
来歴・人物 初当選以来自由民主党に所属し、衆議院議員を14期にわたって務める。
また第1次大平内閣で厚生大臣に就任し、昭和2ケタ生まれで初めて入閣を果たしたのを皮切りに運輸大臣、大蔵大臣等を歴任し、所謂ニューリーダーの後をになう総裁候補に目されるようになった。

■ 関連書籍

はしもとりゅうたろう [生]1937.7.29.東京,渋谷[没]2006.7.1.東京,新宿政治家。内閣総理大臣(首相。在任1996~98)。政治家橋本龍伍の長男として生まれた。1960年慶應義塾大学法学部卒業後,呉羽紡績入社。1963年父の急逝に伴い衆議院選挙に出馬,最年少の26歳で初当選。以来連続14回当選。1978年第1次大平内閣で厚生大臣として初入閣,その後運輸大臣,自由民主党幹事長,大蔵大臣,自民党政務調査会会長,通商産業大臣を歴任,1995年第17代自民党総裁。1996年第82代内閣総理大臣に就任,1998年参議院選挙で自民党の大敗を受けて辞任。この間の1987年自民党竹下派の結成に参画,2000年竹下派の流れをくむ平成研究会(橋本派)会長に就任。2001年自民党総裁選挙に出馬したが小泉純一郎に敗れ,2004年橋本派会長を辞任して同派から離脱,2005年政界を引退した。首相在任中は中央省庁の再編,財政再建などの改革に取り組み,沖縄県のアメリカ軍普天間飛行場返還で日米合意にこぎつけ,北方領土問題の解決に尽力した。2006年大勲位菊花大綬章(正二位)受章。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 内閣
  • 大臣
  • 総理
  • 剣道
  • 市民
  • 改造
  • 日本
  • 村山
  • 橋本
  • 位階
  • 勲等
  • 厚生
  • 名誉
  • 大勲位
  • 大蔵
  • 学位
  • 岡山県
  • 慶應義塾大学
  • 政治家
  • 海部
  • 産業
  • 登山家
  • 総社市
  • 運輸
  • 錬士
  • 中曾根
  • 厚生省
  • 大平
  • 大綬章
  • 学士
  • 歴代
  • 法学
  • 法学士
  • 級位
  • 経済
  • 菊花
  • 衆議院
  • 議員
  • 財務
  • 通商